Posted by at

2012年04月04日

ダラスも荒れ模様

日本も強風が吹きまくったようですが、被害にあわれた方に

お見舞い申し上げます。

娘から電話。。。

「竜巻があるから、しばらくスクールバスは学校に待機するよ」

「OK.学校出るとき電話頂戴」


大型車も空を飛んで




今日の午後は竜巻が大暴れでした。


何時もより90分遅れで無事帰宅。  


Posted by テキサスバーガー at 10:50Comments(0)海外生活

2012年03月31日

マルモのおきて

今日当地では最終回が放映されました。

コメディーでありそうで、その反対でもありそうなドラマ。

深い酔いしてます。

鶴田浩二のお嬢さんいいです。

(何が?)

犬のココは放映中股をおっぴろげて、いびきかいてます。

ボスはまるもが終わると

リモコンを奪いとり

カーネーションの多分最終回の録画を。。。。


  


Posted by テキサスバーガー at 12:48Comments(0)海外生活

2012年03月24日

庭でゴーカート

娘が通う馬クラブの近くで見た光景。




写真が小さいけど見えますか? 

庭で男の子兄弟2人でカートでレース。(エンジンがちゃんと付いてます)


無理して大きくしてみました。

  
タグ :グルメ


Posted by テキサスバーガー at 11:30Comments(0)海外生活

2012年01月27日

故障続き

暖冬だけど久しぶりに雨が数日続いた。

その湿気のせいか機械式腕時計が完全に止まった。

見積もりに出したら目が飛び出るくらい。

もう十数年した時計、修理費に少し出せば新しい

のが買えるかも知れないので修理はしない。

引き出しを開けるとふるいオメガが電池切れで寝ていた。

電池を変えに行ったけど$70以上とられた。

ブツブツ、ブツブツ。。。。。

雨がやみ

こんな時はゴルフの打ちっ放しで気分バラしに、

終わってウインドーブレイカーを脱ごうとしたら

メガネが割れて壊れた。

日本と違って、目医者に行って視力は測らないと

メガネが買えない。

パソコンも動きが悪くて目医者の検索に

時間がやたらに掛かった。


それで7-8軒の目医者に電話してやっと明日

検眼してもらえる。



数カ月前から左腕が肩より上に上がらない。

四十肩ではなく九十肩か?


ゴルフの時のストレッチと、ぶんぶん振り回す

クラブで腕が肩より上に上がるようになった。


ブツブツ、、、、、、
  


Posted by テキサスバーガー at 11:46Comments(2)海外生活

2009年06月12日

タバコ

今日アメリカ上院でタバコの広告制限、ニコチン含有量等を規制

する法案が通った。

アメリカでタバコの害から毎年40万人が亡くなっているという。

オヤージも若い時はヘビースモーカーだった。

しかし今はタバコの匂に耐えられない。

タバコの匂いがいやだったのが、日本脱出の理由の一つではないかと思う。

今は自分の周りにはタバコを吸う人はいない。


快適である!!

当地はカルフォルニア程徹底してないけど、ほとんどタバコの匂いを

嗅ぐことなく外で食事が出来る。


日本の場合、レストランでは最近禁煙席を設けていても、

また居酒屋等の飲み屋さんではそれすらも無い所が多いから

煙、匂いが襲ってくる。

家に買えると洋服、頭の毛がタバコの匂いに染まっている。

家族争ってシャワーをした。


リタイヤーし経済的な制限もあるけど、それにましてもタバコの

匂いが耐えられず家での食事が多くなった。

そのお陰で自分の好きなものをワインをチビチビし、楽しみながら

作る趣味が出来た。



  

Posted by テキサスバーガー at 11:48Comments(2)海外生活

2009年05月22日

親睦パーテイー

ご近所さん60-70軒が年に一度バーベキューパーテイーをする。

飲み物は自分の好きなのを持って来いという案内。

初参加のボスとオヤージ。

娘は

「わたしゃ、仲間にはいるにはチョット早すぎるので行かない。」

会場に行くと圧倒的に女性が多い。

それも平均年齢70-75歳。




10人用のテーブルが8テーブル。

自分のテーブルには男は3名。




日本に住んだり、行った事がある人達も結構いた。

海外からの住民は我々の他、カナダ 2名、ベトナム 2名、 中南米 1名

と少ない。


「何かこまった事があったら何時でも来なさい!」

皆さん親切に言っていただいた。






みんな娘と犬はどうしたと聞く。

娘と犬の事はオバーチャン達の間では知れ渡っている。

「娘は陸上競技会から帰ったばかりで疲れて、テレビのハナ モンタナ

に釘漬けになっている。」

と本当の事は言わなかった。






  


Posted by テキサスバーガー at 17:13Comments(0)海外生活

2009年05月19日

中古

昨日とは打って変わって良い天気。

娘を陸上競技場に置いて戻ったぼボスが、

「あそこでアンテイーックのテント張って大売出ししていたから

見に行かない?」

オヤージは他の所へいくつもりだったけど、付き合うことにした。

会場へ着くと

「さっき庭に置いたらいいと思った鉄のテーブルと椅子が有ったんだけど

もう無いわ」

もうこれで自分の好きな所へ行けると思った。

「でもチョット見に入って良い?」

犬を連れているので店に入れない~ラッキー!!

「外で待つから。」

2~3分でボスが戻る。

「あのね、後ろの大きい建物全部がアンテイーク屋さんで、

何軒も入って居るんだって。見に入る?」

「待ってる。」

「そーじゃー、行ってくる」
10分くらい外で待つと

「本当に一杯お店が有って、面白いのがある。 犬を家に置いて

見に来たいんだけど。」

「もう腹が減ってるからお昼にしようよ」

昼飯を食べて、お店に入ると




本当にアンテイーク屋さんが沢山入っている。



陶器、グラス、家具、洋服、・・・・・・・


好きな人には面白い所だろうけど・・・・・

見に来ている人は若い人は少しで、ほとんどがアンテイーク!!!!

アンテイーク人間は商品にならない。

ボスはお皿を1枚買って、喜んでいた。

オヤージもそれだけで済んで喜んだ!!!!


知り合いから電話が入って、「近所で引越しをする家が家具等全部を売る

エステート セールがあるから、見に行こう」と誘われた。


家の一部屋をファミリールームにするか、ダイニングするかで

ボスと意見が合わなかったけど、いずれにしても家具を探さなければ

ならないので寄ってみる事にした。







(ソファーの後ろの屏風は百万円くらいの値段がついていた。)


金曜からエステートセールをやっていたから、行った時には主な物は売れて

しまっていた。

ソファー、テーブルと呼び名は知らないけど花瓶等を置く台くらいしか残って

いなかった。

何も買わなかったけど、問題の部屋はダイニングにすることに決まった。  
タグ :不動産


Posted by テキサスバーガー at 12:04Comments(0)海外生活

2009年05月15日

海外留学と不幸な出来事

今日の新聞にダラス郊外の町の地方議員が外国からの

女子留学生に乱暴し、辞職し、起訴された記事に目がいきました。

読むと被害者は17歳の日本からの女子高校生。

加害者は海外留学を斡旋する組織に登録したホストファミリー。

被害は胸とお腹を羽交い絞めされ触られたという内容です。

こういう事故はアメリカでは珍しくありません。これ以上の被害に

ならなくて不幸中の幸いとしか言いようはありません。

女子ばかりでなく、ホモセクシュアルの多い国なので男子も被害者に

容易になりうる国です。

留学に送り出す親も本人も用心に用心を重ね、楽しい留学生活が送れる

には自分は自分で守るという心構えが海外では絶対必要!!!!


  

Posted by テキサスバーガー at 11:09Comments(5)海外生活

2009年05月08日

遅い春

サンタフェは標高1,500メーター

ショートパンツでダラスから運転して行ったら

夜は冷え込みが・・・・・

直ぐに長ズボンと長袖セーターをはしょって

夕食に。




他所の家の庭先に小さいチューリップ。




標高2,100メーターのインデイアン居住区  タオス プエブロで見た

タンポポ。





雪解けの水は冷たい。


  


Posted by テキサスバーガー at 16:14Comments(1)海外生活

2009年04月29日

もどき


がんもどきではない。

竹の子の話。

九州の山には竹が生えているので、多くの方が

竹の子をブログに載せておられる。

コッチは若い甘い竹の子は手に入らない。

昔、千葉の友人が山に行って、茹でて瓶詰めにして

送っていただいた事は何回かあった。

そういう時は周りの日本人の方におすそ分けて

皆で喜んだ。

だから皆さんが竹の子をブログに載せると

何とか美味しい竹の子が食べられないかマーケットを

のぞいて見る。

(ご存知のようにのぞきは得意では決して無い。)





のぞいても見つからない。

友人が上の写真の”もどき”と思われるのをくれた。




竹の子のように見える。

味は瓶詰めで少しお酢が入っている。

でも食感は若い竹の子。

昨日はオヤージの口に入る前に娘とボスにやられた。




竹の子ではない。

直訳すると「椰子の木の芯」 (Hearts of Palm)


コスタリカ産。

ここままでも、小さく切ってサラダに入れても美味しい。

でも若い竹の子にはかなわない!!  


Posted by テキサスバーガー at 07:53Comments(2)海外生活

2009年04月26日

世界的ニュース


土曜日24日の地元の新聞を読んでいたらというか

紙面を見ていたら、JAPANという文字がトップにあった。


ダラス モーニング ニュースより

Comments 0 | Recommend 0
Email
Print
RSS

Yahoo! Buzz


JAPAN

12:00 AM CDT on Saturday, April 25, 2009
The Associated Press

TOKYO – Japanese pop star Tsuyoshi Kusanagi apologized Friday for his behavior after he was found drunk and naked at a Tokyo park.



KOJI SASAHARA/The Associated Press
'I drank a lot and did not know what I was doing,' pop star Tsuyoshi Kusanagi said Friday at a news conference. Kusanagi, a member of the group SMAP, was arrested Thursday after complaints that a drunken man was making a fuss in a park, a Tokyo Metropolitan Police official said.

The singer apologized at a news conference after he was released from the Harajuku police station. "I drank a lot and did not know what I was doing. As an adult, I did something shameful," Kusanagi said, bowing deeply.

His arrest was the top news item in Japan, with TV networks repeatedly broadcasting footage showing Kusanagi being escorted to a police van.

Kusanagi, sitting on the grass, resisted the arrest, saying, "What's wrong with being naked?" public broadcaster NHK reported earlier. His clothes were bundled near him.

Police questioned Kusanagi and later searched his apartment. Nippon TV said nothing was seized.

The Associated Press



(以上 ダラスモーニングスターより)

世界的タレント/シンガーの誕生か?

と思ったら酔っ払い、スッポンポンだけで世界的ニュース!!!!!!

平和な日本・・・・・・・・・  


Posted by テキサスバーガー at 05:42Comments(5)海外生活

2009年04月25日

緑のダラス


ダラスがこんなに緑が多い町とは驚いた!!

町が古いので住宅街の木々が多く、多いので

町がイッセイに緑になった。



町を運転していても気持ちが良い!!


花粉症にはつらいけど!!!!!!!!!

  
タグ :癒し


Posted by テキサスバーガー at 16:13Comments(0)海外生活

2009年04月25日

アメリカの親

ここでの一日

7:30AM   車で学校に連れて行く (10キロ、15-18分)

3:30PM   向かえに行く

4:00PM   陸上部の練習に違う学校のトラックに連れて行く(週回)
         娘の馬のクラブ送り迎(週2回)
         他の部活は先週で終わったから放課後は以上。

5:15PM   練習が終わる時間、早めに迎えに行くと、今日は
         ハードルの人達だけで、娘は行かなくても良かった。

7:00PM   訳が分からないけど、学校でダンスパーテイー。
         膝上10センチ以上短いスカートは駄目なのに
         スカートを下げて行く。

9:00PM   迎えに行く。(この部分はワインが入ったオヤージではなく
         ボスが行く。
         草なぎ剛さんみたいになるとここではモット大変だから。
 


16歳で確か車の免許が取れるまで、大方4歳くらいから高校まで上のような
運転手生活がアメリカの親。
働いているお母さんは大変。
オヤージも大変!!!!!!!!!  


Posted by テキサスバーガー at 10:39Comments(2)海外生活

2009年01月23日

こころ変わり



家の改修計画が出来たと思ったら、次から次へ新しい箇所を

直したいという希望がボスから出てくる。

これだと何時発注できるか分からない。

それに厳しい予算を無視した発言が続く。

オバマ大統領でもこの要求を飲むことは難しいと思う。


ついにオヤージ、ギブアップしたけど、しかし業者と値段交渉に

なるとオヤージの役になった。



そんな事をしながらついに契約までたどり着いた。

これも、それもボスがハッピーになってもらいたい

という優しい心なのだ。

オシンのようにオレ一人耐えればいいのだ!!



家の中で一番使うのがキッチンであり、更にその中でもレンジだ!!

レンジは何にするか?

ガス

電気

の選択。

(出来れば炭がバーベキュウにいいのだが)


以前から火力でガスと決まっていた


ところがランデイの家のガスレンジを使って


その結果ガスレンジは掃除が大変という理由で

心変わりし、電気になった。

以前は電気は電磁波が凄いから健康に良くないと言っていたのに。


キッチン カウナターが4-5日で取り付けられるという。

そのときにレンジを用意しておいてという業者。

インターネットで探したけど、ボスは

「実際に見ないと決められない!

夕食の後、お店に行ってもいいよ」

「うん。」

と返事した物の

(何でインターネットで見て決められないんだとムッとする。さっき見たじゃん。)

食事と言ってもピザとサラダ。

赤ワインで出来上がり、

「レンジは明日、契約が終わった後で店に行こう。」



翌日業者が来て支払いをした後、床材を変えた事をボスは気にしていた。

「どっちでもいいよ。元の材料にしても良いよ。」
(元の材料だと$1,000高い)

迷った挙句

「後で選んだ方でいいや。本のは色が合わない。」

しかしまだ迷っている。

レンジの店に行く。

「あ、そーだ。 水道を買っておかないとだめだよね?」

「うん」

「あれで良いよね。」

とボスは昨日見た水道を選んだ。

係りの人に

「レンジは何処の売り場?」

と言うとそこまで案内してくれた。

レンジの係りは白髪のおじさん。

「どんなレンジを探してるの?」

ボス

「電気。」

「あっ!!それじゃ最高のがある。」

オヤージ

「最高じゃなくていいから、最”中”のクラスでいいよ。」

おじさんは男が嫌いらしい。無視している。

「これはインダクション レンジ。」

とデモ商品の前へ連れて行かれた。

ブランドを見ると本当に最高級のブランド。

おじさんは説明を始めた。

「今スイッチを入れたから、表面を触ってみて」

と自分で触った後、ボスにうながした。

「熱くない?」  と言って触る。

ボス  「あなたも触って。」

オヤージは値段の付いているタグを見て

「オレは触らん。」

何故ならオヤージがインターネットで選んでいたレンジの

4倍の値段だ。

「これは鉄が底の鍋類だけに反応して、熱が起きるのは

鍋の底なんです。ですから鍋をどけた後のレンジの表面は

熱くないのです。」

とおじさんはと得意げに言った。

「わー、これはいいわ。焦げないから掃除が簡単だし、

あなたが忘れても火事にならないから。」

(もうオヤージはアルツになる事を想定してる)

「ダメ!!!!!これは高すぎる!!!!!」

おじさん、

「そう、でもこんなに高くなくていいのがある。

GEは今度の日曜日までセールだから安いよ。

今商品の説明をプリントするかね?」




(GE Profileの広告より)



おじさん

 「これにすると使えない鍋が出てくると思うけど、どの店も

不景気で幾つもの鍋がセットになって売っているから、高くはつかないよ。」


と言ってプリントにセール前と後の値段を書き込んだ。

最初の高級ブランドよりは大分安い。


しかしオヤージの選んだ普通のレンジより大分高い。


「ありがとう、家に帰って説明読んでから決めるから。」


店を出る時、ボスはもう一度床材のセクションで足を止め

係りの人に材質の違い聞いていた。

やっと安心して後で選んだ材質で行くと言った。

家に帰りインターネットでレンジを検索し、

インダクションレンジを見る。

いわゆるIH レンジ

ボスは「これで良いわ。」

心変わりしなかった。















  


Posted by テキサスバーガー at 15:18Comments(0)海外生活

2009年01月20日

大統領就任



明日は大統領就任式だ。

オバマ大統領が誕生する。

昨年は日本でも小浜市が話題になったが

小浜市は明日はどうするのかな~

ただ思っただけ!!  
タグ :イベント


Posted by テキサスバーガー at 08:09Comments(0)海外生活

2008年12月29日

クリスマスづくし

クリスマス



写真は25日の朝食のセッテイング




イブはランデイの家でクリスマスデイナー。

フィレのローストがメインデイッシュ。

料理は彼の友人が仕切る。

サラダはうちのボスの担当。

ロメインレタス、シュリンプ、フレッシュトマト、ドライトマト

アボカド、プロシュートハム、モッツレラチーズ、にオリーブオイル

とバルサミコのドレッシング。

ワインはテキサスで醸造したワイン。

ブランデイを入れて醸造しているのでアルコールが高いという。

味見をしてみると普通のワインとは違い、シェリーとかポートの

要素の味がした。



ここ数日間食べる事が日常生活のメイン エベント。

勿論ズボンはきついのだ。



ランデイの両親はスリムで格好が良い。

それだけでなく歳に似合わずスポーテイなトラックを運転している。

日本の商業的クリスマスと違い、親しい人たちだけで食事を、語らい

楽しく過ごした。




25日がクリスマスの日。

クリスマス朝食にまたまたランデイ家に呼ばれて行く。

クリスマスの食事のセッテイングが綺麗なので写真を

載せた。

朝のメインは昨晩に娘が手伝ったという

卵、ソーセージを細かく切って、パン等を混ぜて

オーブンで焼いたキーシュみたいなメイン。

ワインを開けてまたまたクリスマスを祝った。

その後女性群はモノポリーにはまり夜まで。

オヤージとランデイはさっきのワインが効きテレビの

前で寝込んだ。

これから一週間このパターンが続きそう。
  


Posted by テキサスバーガー at 06:17Comments(0)海外生活

2008年12月20日

悩めるアメリカ

世界恐慌の様な不景気がやってきた。

その源はアメリカの問題のようだ。

リーマンブラザーズを始め、金融機関

今は BIG 3 と言われる自動車会社が倒産に直面している。




満開のクリスマス カクタス



そんな中、居候生活2ヶ月を終え、


やっと自分の家に引越しをした。

なにせ旅行バッグ5-6個が荷物の全て。

衣類、食器は船で送り、引越し日に合わせて新居に運んで運んでもらう。


しかし家具、電気製品は一切無い。

引越しの直前になって最低必要品を買いにいったり、注文して回った。

小さな買い物のしている間、上に述べたアメリカの大きな問題を象徴する

様な経験をいくつもした。

日本では考えられないのでご紹介した。


その一。

寝具が無いので、寝具とシーツとか布団の様な物のバーゲンの広告が新聞

にあった。

ボスが、

「今日はメーシーズ(MACY’S)で半額セールだ。行くよ!!」

とやる気十分。

しかしメーシーズに着くとうろうろし始める。

オヤージこれには弱い。


買い物は目的の売り場に直行し、商品をサッサと買うか、買わないか決めるのが

オヤージ流。



ボスと娘流は目的売り場に到着するまでの、道のりが長い!!!!

もう疲れるのである。


前置きはこのくらいにして

ボスは

「もう半額になっているけど、2つ目を買うと更に2つ目はこの半分だって!!」

どれどれと商品棚に掛かっている説明を読むと

「同じ商品でも値段の異なる場合は、安い方の2目が半額」とある。

ボスは$64のアイテム 2個、$76 を1個、 $80 を1個

レジに持って行きました。


ところが最初のレジ担当は$64の一つしか半額にしただけでした。

ですから$32+64+76+80=252 プラス消費税。

ボスはレシート見て

「この商品は2つ目が半額になるって書いてあるから、半額に訂正して。」

と頼むと、彼女はレジの訂正の仕方が分からず、上の人が出てきて

「私に任せない!!ちゃんと半額にするから。」

と心強く、レジを打ちなおし始めた。

$32+$32+$76+$80と。

ボスとオヤージは

「そうじゃなくて、2個目は$76の半分でしょ!!」

ところがギッチョンチョンである。

この上の人は

「何を言っているの!!! 

私のやり方が一番安くなる方法でしょ!!

こっち(レジの方)へ来て!!

見てみなさい!!!!!!」

怒り心頭になり、周りの客に

「私はこの人たちに一番、徳になるようにやってあげてるのに!!」

と大声で悪口を言い出した。

普段怒らないボスは

「あなたあっちに行ってて!!あなたが居ると

けんかになるから。」

とオヤージに命令。

彼女は売り手に算数の式を言い、64ドルと76ドルの半分はどっちが

大きいの?

とやり返すが売り手は

「あたしが正しい。あなたの徳になるようにやってあげているのに!!」

と言い張る。



結局4点の買い物をキャンセルして、

64ドルを2点を買い、そのうちの1点を半額の値段で払う。

次に76ドルと80ドルを1点づつ買い、76ドルを半額で払うという

後味の悪い結末で売り場を去った。

売り手は我々が去った後も他の客に自分が正しいこと言い続けていた。


算数が出来ないというだけでなく、人の言う事を聞かず、自分の事だけ

を主張する。





その二。


引越しの日の「午後」に配達とセットアップするように

電気洗濯機とガスドライヤーを注文した。

洗濯機とドライヤーを乗せる台も一緒に。



同じメーカーの冷蔵庫はちがう店に注文。やはり午後に

配達を頼んだ。こっちの方は冷蔵庫に傷がついた程度で

指定日に配達された。



引越しの日。朝7時過ぎに電話メッセージが入っていた。

「洗濯機は9時から11時」の午前中にとある。

あわてて電話をして2時以降にするように言う。

相手は「もう5分くらいで着くと思うけど!!」

しかしこっちはまだ家の鍵を貰っていないのだ!!

「2時以降!!」と強く言い。

「OK.」という返事を引き出した。

昼過ぎにまた電話があり、「もう家の前で待っている。」と。

家のかぎをヤットもらった所。

「分かった。10分待つよう。」

急いで行くと3人トラックの荷台でブラブラ足をしている。

家のドアーを空けて、設置場所を教える。

ご近所さんになるおじいさんが出てきて、

「彼らは長い間待ってたよ。辛抱強く。」

「景気が悪いから暇なんだねー」



そんな話をして家の中に入ると、

「設置は終わったので、サインをお願い」

と来た。


「えー???? ドライヤーはどうしたの???

台も無いじゃないか!!!!」


そうすると相手は

「えー!!!!!ドライヤーのオーダーなんて無い。」

と来た。


店に電話して確かめる。 後で返事をするという回答。

いずれにしてもトラックで来た人たちは商品を持っていないから

帰ってもらい、店からの回答を待つ。

夕方になっても返事が無いので、こちらから電話。

「ガスなのでガスをハンドル出来る担当(下請け)に電話してくれ」

という。

ガス担当に電話すると4-5日後と電話の対応に出た人の回答。

オヤージは慣れているといえ、

「何を言ってや!!(大阪弁的 アクセントで。)

”昨日”設置する事になってたんだ。それを今日まで待ってやったのが

分からないか。」

こっちはもう代金を払っているので好きなことが言える。

結論としてあすの3-5時に来ることで折れる。


そして翌朝

「あー、もしもし、ドライヤーの設置の件ですが今日はスケジュール

詰まってて行けません。」

「むむむ・・・・・・・ジャー明日は?」

「明日は、会社のパーテイなので行けません。」

「だめだ、何回約束を破っているんだ!!!」

「でも会社のパーテイなので。」と哀願する。

「そんじゃー、会社のパーテーイにオヤージも招待しろ!!

そうしたら日曜に延ばしてやる。」

結局日曜になった。勿論招待は無い。

その後で、その店に行き他の品物を買いに行くと担当のセールスに

会った。

そいつはまだドライヤーが配達されていないを知りながら

「どうですか?」ときやがった。


「どうですかって? 後、何日も同じ下着を着ていなければならないのを

知っているだろ!!」

彼は「あっはっはー!!」と笑いながら後ずさりして逃げていった。




そして日曜の約束時間に現れず、仏のオヤージも切れた。

店の店長を出せと電話。

店長はこういう問題はお手の物。

しかしオヤージからガス担当兄ちゃんに電話しろきた。

「ばかやろう、それはお前の仕事だろ!!」

的に怒った。(言葉使いは何処かの首相の様に、学歴、家には関係ない。)




何時間後パーテイで忙しいお兄ちゃんが現れ、ドライヤーが設置された。

彼らが帰った後は、床のタイルが割れたり欠けていた。。

まー何とか清潔な下着を夜には、はけた。




その三。

海外に居る日本人にとって電気製品の内、一番使われているのが

電気炊飯器だと思う。 少なくともオヤージにはそうである。

ボスが不在の時アマゾンで注文した炊飯器が届いた。

ボスをおどかせようと思い炊飯器の時刻をセットし、

米を洗い、翌朝娘が学校に行く時間に間に合うよう予約した。



翌朝ボスが起きて来て

「アレー?ご飯が炊けてないよ!!」

「そんなことは無いはずけどー。」

と調べると最初にセットした時間が1時間、間違えていた。



アメリカが抱える大きな問題はここにもあった。。


まー、アメリカってこんなもんです。。。。。。。。

クリスマス、新年まで幾つか記事を載せます!!!!






  


Posted by テキサスバーガー at 08:33Comments(2)海外生活

2008年11月02日

ダラス住宅事情

もうダラスに着いてから3週間。

前にも書いたけどランデイの家は500平米位。

庭は13軒の家の共同。

だけど池に面しているのは六軒だけ。それなのに管理費は皆同じ率

(家の大きさに比例)とは、驚き。

もう一つ日本の皆さんが驚くと思うのは

キッチンと家族が食べる所 (お客が来たときの食べるところは別にある)が

70平米位。





ここから庭を見ながら食べる食事は美味しい。

共同の庭は5000平米くらいだそうだ。





しかしこの家に何時までもいると、気持ちが良くて他の家に住めなくなりそうだ。

はやく出ないといけない。









昨日はハロウーン パーテイーに娘は招待され、

行く前にだらだらしていたのでボスに怒られていた。

だけど痛みを感じないようだ。

オヤージは一言一言が身にしみているのに。

娘の図太さが欲しい。

ランデイーの所に居候しながら家を探しているけど

帯に短し、たすきに長しという家ばかりでなかなか

なかなか気に入った家が見つからなかった。

予算は決まっているし、その中でボスの言う条件を満たし、

更にオヤージも快適と感じるのを見つけるのは難しい。



もう20-30件の物件を見て、土地勘が出来、ボスがOK

出来る地域に絞る。



そんなところSさんがエルパソから電話してきた。

「どうですか? 良い家見つかりましたか?」

「なかなか見つからないのでとりあえずアパートでもと考えているんだけど。」

「テキサスの家ってどのくらいの値段ですか?内も考えているので。」

「日本円にして5百万くらいから100億円くらいまでの幅があるよ。

ただ5百万円くらいだと明日の朝には体が冷たくなっているかもよ。

住む地域によって値段が大きく変わるから、よく地域の事情を調査

しないとだめだよ。」

「分かりました。早く見つかるといいですね。」

「ありがとう。」

といういうような会話をした次の日にボスがインターネットで出ている

家を見つけて

「エージェントに電話して、この家みたいから。」

とお言葉をいただいた。


エージェントと一緒に見に行くと

ボスは、

「ワー!!!! 素敵。」

としばらく中を調査。


「うん、この家がいいけど少し値段が高いね。」

「うん、でもまけるんじゃないかな。」

という訳でほぼこの家の交渉を始めるところだった。

念のため、次の日にランデイー夫婦と再度見に行くと2人とも

良い家だと言う。

しかしオヤージはひっかかる。

どうしても間取りが住んだら不便のようだ。

もう一度見に行き

オヤージはダメを出した。

(ボスとの力関係からかなり危険な事ではあったが。)


ボスは落胆。


エージェントが慰めで、ボスに

「直ぐにいい物件が出るかもしれないから落胆しないように!!」

と励ました。


ところが次の日、近くに物件が出た。でも写真はまだ出ていない。

彼女は早速エージェントに電話をし、見せててもらう様に手配した。


結局その家の間取りはオヤージも喜んだ作りだ。

皆も気に入った。

エージェントを通して交渉が続いた。

サブプライムの件で家の値段が大きく下がっていると期待したけど

テキサスはあまり下がっていないので交渉は長引き

昨日やっと決まった。

だけどその家に入れるのが12月半ば。

其の後に直ぐ内装の改造しなければならない。

ランデイはそれまで彼の家にいろと言ってくれている。

ありがたいことだが・・・・・・・・・・・・・・



内装の改造を大きな店に頼むと予算では足りなくなる。

インターネットでいろいろ見ると信頼できそうな店を見つけた。

電話をすると40-50KM離れた町の店だ。

ショールームとサンプルを午後見に行くからと伝える。

ボスに伝えると、途中に飲茶の美味しい店があるから食べて行こうという。



この三週間、家ではアメ食を皆で食べてたが、飽きてきている。

外食は

「すし」 ~ ダラスに限らずアメリカの多くの日本食レストランは、韓国、中国人シェフが多い。
       ランデイが連れて行ってくれたところも韓国人シェフだった。
       ランデイたちは美味しいというけど、やはり本物でないので我々はもう行かないと
       思う。
       本物の日本人シェフの店を見つけて其のうち行こうと家族で合意。

「ハンバーガー」 ~ 女性陣がいないとき2人で食べに行ったけど、その店も中国人経営。
             正直言ってオヤージの店の方がうまかった。

             もう一軒皆で郊外の店に行ったけど、$15 プラス チップ。
             値段からすればどうってこと無い。

「韓国冷麺」  ~ ダラスは韓国人町がある。娘がお茶づけを食べたいというので、コリアン マーケット
            で「こしひかり」(米国産 新米)を買いに入ったついでに食べた「冷麺」は旨かった。
            ボスに半分取られたけど。

            数日してランデイと娘の3人でこの店に戻り、夕飯を食べた。今日も娘に豆腐チゲを半分取られ
            オヤージは空腹が続く。
            (うそ、運動不足で太くなっています。)

「ギリシャ レストラン」 居候先の近くにありランデイの友人夫婦も一緒に。
               大きい町では目ずらしい家族経営の店。


「タイ」        家から2マイルのところにあり、2-3回入った。少し甘いけど。OK.

「インドカレー」   ランチバイキングが$10で美味しい。家から2分の所にあり、結構インド人
            が多い。
            案の定いける。


飲茶で満足し、業者に行き大体の値段交渉を済まし、家に帰る途中に日本食マーケットがあった。

また家から北に20分くらいのところにも小さな日本食マーケットがあり刺身もおいてある。

家で手巻きを作るとランデイ夫婦も喜んでいた。

そんな訳で日本食、アジア食に餓えることなく生活が出来そうだ。



続く           




  


Posted by テキサスバーガー at 12:17Comments(1)海外生活