Posted by at

2008年11月13日

ダラス でかい国 3




ランデイ夫婦は以前犬を飼っていた。

数年前、行方不明になった。

そのかわりうちの娘がペット代わりに毎年夏をランデイの家で

過ごしていた。

この夏に奥さんが「やっぱりペットを飼うことに決めた。」

宣言した。


3週間程前、ケンネルから電話があって

「もう、連れて行ってもいいよ。」


早速皆でケンネルに行く。

生まれて6週間になった子犬が8-10匹。

茶色で足の先が白いの選んだ。

名前はテッシー。

犬の種類はハバニーズと言うそうだ。

ハバニーズはハバナのと言う意味で、元々はキューバの犬だそうだ。











この子は頭がすごく良い!!

ランデイの家に来て3週間たった今、

一人(?)で寝るし、トイレも教える。

(でもたまに広い家の隅にカチン、カチンになった小型ウンチがある。)


うちペットではないけど、娘はめろめろになった。

アメリカに来たら犬を飼っていいとう約束をした。

犬の辞書を調べてエジプトが起源の「バッセンジー」という犬を飼うという。

写真を見るとおばあさんみたいにひたいに一杯シワがある。

ボスは「かわいくない。」とコメント。

(ボスは飼いたくない。理由は色々ある。)


娘は自分達の家に移るまで我慢すると言い、

トカゲを捕まえ、靴箱にいれて飼い出した。

2日ほどするとトカゲは脱走していた。

娘は残念がり外に出て新しいトカゲを探すが見つからない。

1週間ほどすると家の中にトカゲ(イモリ)がいた。

なかなか、すばしっこい。

しかしペットに飢えた娘の餌食となり、厳重な箱に入れられた。

でも数日するとトカゲは痩せていた。

「かわいそうだから逃がしてあげなさい。」とボス。

しぶしぶ従った。






一方テッシーは日に日にお利口になっていく。

娘は

「してはいけないことをした時、声のトーンを変えて ”ダメ”

と言うことをハッキリ伝えなければいけない。」

と言って厳しくテッシーをしつける。


ボス曰く

「娘にトーンを変えて言わなかったから、何時も、何度言っても

娘は分からないのね!!!」  

Posted by テキサスバーガー at 04:03Comments(0)ペット

2008年11月11日

ダラス でかい国 2

この夏ガソリンが高くなって大きい車が売れなくなった。

トヨタも例外でなく日本では見ない「TUNDRA」という

大型ピックアップとSUVの中間の車をテキサス州サンアン

トニオの工場で製造していた。が、しばらく製造を中止し、在庫

を掃くのに値引き販売を夏からしている。。

ランデイは景気がここまで悪くなる前5月にTUNDRAを買った。

それでも1万ドルくらい値引きしてくれたと言っている。

エンジンは5700CC、381馬力でオヤージのアウトランダー

スの2400CCの倍以上。







今日は30分位の所にしまってあるキャンパーを車屋さんに修理に

持って行くのでTUNDRAを運転してくれとの事。


ガソリンを入れに行く。

夏の$4強/ガロンだったのが今は$1.99.

(米ガロン=3.785リッター)

テキサスは石油産油州。アメリカの中でも安い方だ。

ガソリンを入れ終わりランデイはニコっとして

「満タンにして$55だ!!」

と叫んだ。

ガソリンスタンドに着いたときはほとんど空だったのだ。

ハイウエーのレーンの幅は十分だけど同じようなサイズの車と

並ぶと一瞬接触するのではないかとドッキとする。






TUNDRAには「テキサス生まれ、 テキサス製」のステッカー。



キャンパーは大きな車庫に入っていた。

「なんでこんな遠くに車庫を借りているの?」

「家から10分くらいの所にも貸し車庫が有るけど、月$3-400

する。ここだと半分以下。」

大型バスよりでかい。







一番後ろには寝室でクイーンベッド。

前の部分のリビングの椅子を倒すとベッドに。

全部で6人が寝られる。

それに、シャワー、トイレ、ガスレンジ、皿洗い機、冷蔵庫等が

付いている。

1年中こういう車でアメリカ大陸を旅行している親戚が彼にはいる。

来年には皆でアラスカに行こうと奥さんは言っているが、

彼には無理じゃないか。

この夏近くにドライブして駐車しようとして、他にも広く空いている

場所があるのに、無理に店のそばに駐車し、車の屋根が木に引っかかり

動けなくなり消防所に助けを求めたと娘が暴露した。

この車で動いても国中、見て回るにはアメリカは大きすぎる。






キャンパーを修理に持っていくと新車と中古車が売りに出ている。

中古車の1台は$99,000と有った。(約9百9十万円)

隣をみると5百万円台であった。

ランデイに

「安い、$50,000台で中古が買えるのか?」

「どれだ?」

「ウィンシールドに値段が書いてあるじゃないか。」

「うん、あれは5千万円台だ!!」

「ぐえーーーー!!!」

「じゃー、新車どのくらいすのだ?」

「1億台だ。 3-4年の中古が5千万台だ。

だから個人でかうには中古の方がいいのだ。」


「おれが買おうとしている家が何軒も買える!!!」

  


Posted by テキサスバーガー at 08:22Comments(1)旅行

2008年11月07日

でかい国




テキサスはアラスカ州についで2番目に大きい州だ。

だから

「することもBIG!]

「考えるのもBIG!!」

が州のモットー。

ダラスに来て直ぐ、州祭りに連れて行ってくれた。

入り口には10メートルくらいのカーボイのバルーンが立っている。


州祭りというから無料だと思っていたら

大人 $15
子供 $ 8(だと思った)
老人 $12 シニアーシチズン 60歳以上とある。

ランデイとオヤージは老人年齢を超え、立派に$12だ。

中に入ると不況の真っ只中にあるアメ車メーカーと輸入車メーカー

の巨大な展示場が両側にある。帰りに見て行こうと先に進む。


皆お腹が減ったというので射的とかスッタフド アニマル等の

ゲーム街を通り抜け、フード コート。

食券を買い何があるか見て回る。

チーズバーガー

コーンドッグ

フライド ポテト

七面鳥の足

と言ったアメ食のファースト フードは勿論

キューバ

ジャーマン ソーセージ

トルコ のシシカバブ

等沢山の種類が有るけど

ギリシャのジャイロを選ぶ。結局足りなくて帰りがけには

ランデイとチーズバーガーを半分分け合う。



一番驚いたのは、このお祭りに来ている人達のほとんどが

極端に田舎じみた人たちばかり。

ダラスは全米第5位の人口の都市。

人種に関係なく町の匂いがしない。

ダラスの町の中なのに。





(カーボーイの国らしいベッドと牛の角がセットになって売っている。)




家内はランデイの家に遊びに何度も来ているけど、この格差には

驚き一瞬、住んでいけるかどうか自信を無くした。




娘はそんな事関係なくローラーコースターとか目の回る乗り物に

突進していき、我々に一緒に乗れと誘うが、大人は全員めまい

だけでなく吐きそうになるので背を向けた。

娘はどちらか言うと都会よりこういうところの方が合っているのかも。

(ただし虫には弱い。)  


Posted by テキサスバーガー at 00:33Comments(0)暮らし

2008年11月02日

ダラス住宅事情

もうダラスに着いてから3週間。

前にも書いたけどランデイの家は500平米位。

庭は13軒の家の共同。

だけど池に面しているのは六軒だけ。それなのに管理費は皆同じ率

(家の大きさに比例)とは、驚き。

もう一つ日本の皆さんが驚くと思うのは

キッチンと家族が食べる所 (お客が来たときの食べるところは別にある)が

70平米位。





ここから庭を見ながら食べる食事は美味しい。

共同の庭は5000平米くらいだそうだ。





しかしこの家に何時までもいると、気持ちが良くて他の家に住めなくなりそうだ。

はやく出ないといけない。









昨日はハロウーン パーテイーに娘は招待され、

行く前にだらだらしていたのでボスに怒られていた。

だけど痛みを感じないようだ。

オヤージは一言一言が身にしみているのに。

娘の図太さが欲しい。

ランデイーの所に居候しながら家を探しているけど

帯に短し、たすきに長しという家ばかりでなかなか

なかなか気に入った家が見つからなかった。

予算は決まっているし、その中でボスの言う条件を満たし、

更にオヤージも快適と感じるのを見つけるのは難しい。



もう20-30件の物件を見て、土地勘が出来、ボスがOK

出来る地域に絞る。



そんなところSさんがエルパソから電話してきた。

「どうですか? 良い家見つかりましたか?」

「なかなか見つからないのでとりあえずアパートでもと考えているんだけど。」

「テキサスの家ってどのくらいの値段ですか?内も考えているので。」

「日本円にして5百万くらいから100億円くらいまでの幅があるよ。

ただ5百万円くらいだと明日の朝には体が冷たくなっているかもよ。

住む地域によって値段が大きく変わるから、よく地域の事情を調査

しないとだめだよ。」

「分かりました。早く見つかるといいですね。」

「ありがとう。」

といういうような会話をした次の日にボスがインターネットで出ている

家を見つけて

「エージェントに電話して、この家みたいから。」

とお言葉をいただいた。


エージェントと一緒に見に行くと

ボスは、

「ワー!!!! 素敵。」

としばらく中を調査。


「うん、この家がいいけど少し値段が高いね。」

「うん、でもまけるんじゃないかな。」

という訳でほぼこの家の交渉を始めるところだった。

念のため、次の日にランデイー夫婦と再度見に行くと2人とも

良い家だと言う。

しかしオヤージはひっかかる。

どうしても間取りが住んだら不便のようだ。

もう一度見に行き

オヤージはダメを出した。

(ボスとの力関係からかなり危険な事ではあったが。)


ボスは落胆。


エージェントが慰めで、ボスに

「直ぐにいい物件が出るかもしれないから落胆しないように!!」

と励ました。


ところが次の日、近くに物件が出た。でも写真はまだ出ていない。

彼女は早速エージェントに電話をし、見せててもらう様に手配した。


結局その家の間取りはオヤージも喜んだ作りだ。

皆も気に入った。

エージェントを通して交渉が続いた。

サブプライムの件で家の値段が大きく下がっていると期待したけど

テキサスはあまり下がっていないので交渉は長引き

昨日やっと決まった。

だけどその家に入れるのが12月半ば。

其の後に直ぐ内装の改造しなければならない。

ランデイはそれまで彼の家にいろと言ってくれている。

ありがたいことだが・・・・・・・・・・・・・・



内装の改造を大きな店に頼むと予算では足りなくなる。

インターネットでいろいろ見ると信頼できそうな店を見つけた。

電話をすると40-50KM離れた町の店だ。

ショールームとサンプルを午後見に行くからと伝える。

ボスに伝えると、途中に飲茶の美味しい店があるから食べて行こうという。



この三週間、家ではアメ食を皆で食べてたが、飽きてきている。

外食は

「すし」 ~ ダラスに限らずアメリカの多くの日本食レストランは、韓国、中国人シェフが多い。
       ランデイが連れて行ってくれたところも韓国人シェフだった。
       ランデイたちは美味しいというけど、やはり本物でないので我々はもう行かないと
       思う。
       本物の日本人シェフの店を見つけて其のうち行こうと家族で合意。

「ハンバーガー」 ~ 女性陣がいないとき2人で食べに行ったけど、その店も中国人経営。
             正直言ってオヤージの店の方がうまかった。

             もう一軒皆で郊外の店に行ったけど、$15 プラス チップ。
             値段からすればどうってこと無い。

「韓国冷麺」  ~ ダラスは韓国人町がある。娘がお茶づけを食べたいというので、コリアン マーケット
            で「こしひかり」(米国産 新米)を買いに入ったついでに食べた「冷麺」は旨かった。
            ボスに半分取られたけど。

            数日してランデイと娘の3人でこの店に戻り、夕飯を食べた。今日も娘に豆腐チゲを半分取られ
            オヤージは空腹が続く。
            (うそ、運動不足で太くなっています。)

「ギリシャ レストラン」 居候先の近くにありランデイの友人夫婦も一緒に。
               大きい町では目ずらしい家族経営の店。


「タイ」        家から2マイルのところにあり、2-3回入った。少し甘いけど。OK.

「インドカレー」   ランチバイキングが$10で美味しい。家から2分の所にあり、結構インド人
            が多い。
            案の定いける。


飲茶で満足し、業者に行き大体の値段交渉を済まし、家に帰る途中に日本食マーケットがあった。

また家から北に20分くらいのところにも小さな日本食マーケットがあり刺身もおいてある。

家で手巻きを作るとランデイ夫婦も喜んでいた。

そんな訳で日本食、アジア食に餓えることなく生活が出来そうだ。



続く           




  


Posted by テキサスバーガー at 12:17Comments(1)海外生活