Posted by at

2009年01月29日

厳冬

昨日今日はマイナス気温。

昨晩のミゾレで道路が凍り、今日は娘の学校も休校。

そんな訳で家に一日中缶詰になり、

最近来たメス犬のココナッツが入り、女3対男1の環境

で過ごしたけど厳しい環境だ。

中庭に12月オヤージが植えたパンジーが凍っていた。

娘はココナッツと庭に出るけど、あまりの寒さにココは

家に戻った。

娘はパンジーが凍っているのを見つけて写真を取った。



可愛そうに、パンジーの葉っぱには数ミリの厚さの凍り

が被っていた。

痛々しい姿のパンジーと3対1の厳しい環境にいるオヤージ

の姿が重なる。

生きて行く事は耐える事ののだ。




3対1という数字には関係なく、力関係を維持しよう

とするオヤージは、日本の民主党と自民党の力関係

のような自民党だろうか。-->何にも出来ない!!!


あー、早く春が来てほしい!!!

(今日は文学的表現じゃない?)   
タグ :


Posted by テキサスバーガー at 13:06Comments(0)ペット

2009年01月24日

DNA


ブリーダーからメールがボスに入った。

今度の金曜の夜にヨークシャーのパピーを取りに来ても良いと。

ボスと娘は準備に買出しに出る。



娘は自分の部屋で犬を寝かせると言って写真のクッションとブラシ、トーイを

買ってきた。

ボスは

「今度のクリスマスにこれ買ったよ。

なんと75%引き。」




と言ってクリスマス ツリーの形のトーイを買ってきた。

オヤージは銀行へ行って現金を用意した。

このブリーダーは小切手、カードを取らない。



夜にランデイ達がテッシーを連れてより、ケージを貸してくれた。

娘はテッシーを部屋に連れて行った後、5分位したら出てきた

「テッシーがベッドの上でオシッコした!!!!」

「何しているの?早くフトンとシーツを洗いなさい!!!」

とボスからゲキが飛ぶ。



テッシーは娘から罰で外に出された。




娘も同罪なのに!!!!

バレンタイデーは無しだ。


  


Posted by テキサスバーガー at 18:25Comments(0)

2009年01月23日

こころ変わり



家の改修計画が出来たと思ったら、次から次へ新しい箇所を

直したいという希望がボスから出てくる。

これだと何時発注できるか分からない。

それに厳しい予算を無視した発言が続く。

オバマ大統領でもこの要求を飲むことは難しいと思う。


ついにオヤージ、ギブアップしたけど、しかし業者と値段交渉に

なるとオヤージの役になった。



そんな事をしながらついに契約までたどり着いた。

これも、それもボスがハッピーになってもらいたい

という優しい心なのだ。

オシンのようにオレ一人耐えればいいのだ!!



家の中で一番使うのがキッチンであり、更にその中でもレンジだ!!

レンジは何にするか?

ガス

電気

の選択。

(出来れば炭がバーベキュウにいいのだが)


以前から火力でガスと決まっていた


ところがランデイの家のガスレンジを使って


その結果ガスレンジは掃除が大変という理由で

心変わりし、電気になった。

以前は電気は電磁波が凄いから健康に良くないと言っていたのに。


キッチン カウナターが4-5日で取り付けられるという。

そのときにレンジを用意しておいてという業者。

インターネットで探したけど、ボスは

「実際に見ないと決められない!

夕食の後、お店に行ってもいいよ」

「うん。」

と返事した物の

(何でインターネットで見て決められないんだとムッとする。さっき見たじゃん。)

食事と言ってもピザとサラダ。

赤ワインで出来上がり、

「レンジは明日、契約が終わった後で店に行こう。」



翌日業者が来て支払いをした後、床材を変えた事をボスは気にしていた。

「どっちでもいいよ。元の材料にしても良いよ。」
(元の材料だと$1,000高い)

迷った挙句

「後で選んだ方でいいや。本のは色が合わない。」

しかしまだ迷っている。

レンジの店に行く。

「あ、そーだ。 水道を買っておかないとだめだよね?」

「うん」

「あれで良いよね。」

とボスは昨日見た水道を選んだ。

係りの人に

「レンジは何処の売り場?」

と言うとそこまで案内してくれた。

レンジの係りは白髪のおじさん。

「どんなレンジを探してるの?」

ボス

「電気。」

「あっ!!それじゃ最高のがある。」

オヤージ

「最高じゃなくていいから、最”中”のクラスでいいよ。」

おじさんは男が嫌いらしい。無視している。

「これはインダクション レンジ。」

とデモ商品の前へ連れて行かれた。

ブランドを見ると本当に最高級のブランド。

おじさんは説明を始めた。

「今スイッチを入れたから、表面を触ってみて」

と自分で触った後、ボスにうながした。

「熱くない?」  と言って触る。

ボス  「あなたも触って。」

オヤージは値段の付いているタグを見て

「オレは触らん。」

何故ならオヤージがインターネットで選んでいたレンジの

4倍の値段だ。

「これは鉄が底の鍋類だけに反応して、熱が起きるのは

鍋の底なんです。ですから鍋をどけた後のレンジの表面は

熱くないのです。」

とおじさんはと得意げに言った。

「わー、これはいいわ。焦げないから掃除が簡単だし、

あなたが忘れても火事にならないから。」

(もうオヤージはアルツになる事を想定してる)

「ダメ!!!!!これは高すぎる!!!!!」

おじさん、

「そう、でもこんなに高くなくていいのがある。

GEは今度の日曜日までセールだから安いよ。

今商品の説明をプリントするかね?」




(GE Profileの広告より)



おじさん

 「これにすると使えない鍋が出てくると思うけど、どの店も

不景気で幾つもの鍋がセットになって売っているから、高くはつかないよ。」


と言ってプリントにセール前と後の値段を書き込んだ。

最初の高級ブランドよりは大分安い。


しかしオヤージの選んだ普通のレンジより大分高い。


「ありがとう、家に帰って説明読んでから決めるから。」


店を出る時、ボスはもう一度床材のセクションで足を止め

係りの人に材質の違い聞いていた。

やっと安心して後で選んだ材質で行くと言った。

家に帰りインターネットでレンジを検索し、

インダクションレンジを見る。

いわゆるIH レンジ

ボスは「これで良いわ。」

心変わりしなかった。















  


Posted by テキサスバーガー at 15:18Comments(0)海外生活

2009年01月20日

オバマ大統領とバーゲン

「就任式は何時からかなー?」

と朝起きてTVのスイッチを入れたら、ワシントンDCでの

就任式前の広場の映像。

「ワシントンの12時だから・・・」

「ここの1時か」




(ABC NEWSより)



「でも娘の学校に行くから用意して!!」

「えっ?  演説が・・・・」

「もうアポとっているから行かなきゃ」

「ん~、何着ていくの??」

「昨日私がシャツ買ってきたじゃなーい。」

「あれカジュアルすぎないかなー」

「大丈夫!!!」



新聞でこの3連休デパートでは普段の50~75%の値段

からさらに昨日は40%という広告があった。

彼女はその広告を朝食のときにビリビリと破りテーブルの

上に乗せていた。


食事が終わると

「ジャーネ、行ってくるからね!!」

とビリビリ広告をバッグに入れ出て行った。

3時間程するとデパートのバッグを抱えて戻った。

しかしバッグは小さい。

「収穫は?」

「んー、あんまり無いけど、これ着てみて」


と得意げにバッグからだしたシャツが学校へ行く為のものだったようだ。


「休みの日に、本当に嘘みたいなバーゲンなのに買いに来ている人

ほとんどいなかったよ!!! 本当に75%引きから40%更に引いたよ!!!

不景気なんだね!!!」


学校から帰ると既に演説は終わっていた。

大統領就任式にワシントンDCに集まった人は、歴代大統領の中で

一番多い人出だ。

ジョンソン大統領の1.2百万人を抜く1.5百万人。

アフリカンーアメリカン(黒い肌のアメリカ人の事、

日本の人が普通使う呼称は人種差別用語)初の大統領だけでないでなく、

一般のアメリカ人の期待の大きさを物語る。



ボスは75%引きバーゲンが続く事を願いながら、新大統領の成功を期待していた。


オヤージはオバマさんの成功祈って、

「今晩はトンカツだ!!!!」

関係無いか?







  

Posted by テキサスバーガー at 20:13Comments(0)

2009年01月20日

正しい朝飯



朝青龍にせまる腹の出。

体重計を買った。

計ると4キロ増えている。

ここしばらく肉食。

たまに魚を入れたりしているが

どうもきかん!!

前々日は



ボスが恥ずかしいから載せるなというが、小さめのフィレ、水餃子(冷凍食品)と自家製

サラダ。


前日は



モスターで買って冷凍しておいた

「生のソーセージ」を解凍


70~80センチある。

5人で完食。



反省して正統朝食




からしと卵を入れて

それと韓国マーケットで買った白菜の漬物

ダイエット、美容、美肌に納豆だ!!!

うま!!

2杯大盛!!!!!

こりゃ駄目だ!!!!



  


Posted by テキサスバーガー at 09:17Comments(0)

2009年01月20日

大統領就任



明日は大統領就任式だ。

オバマ大統領が誕生する。

昨年は日本でも小浜市が話題になったが

小浜市は明日はどうするのかな~

ただ思っただけ!!  
タグ :イベント


Posted by テキサスバーガー at 08:09Comments(0)海外生活

2009年01月16日


日本にいる時、娘は

「ペットを飼いたい。」

と言い

メダカ



を飼ったが


「犬」

を要求した。

しかしマンションでは飼ってはいけない規則。

「駄目、ここでは飼ってはいけない規則だから。」

「犬がだめだったら、馬でいい!!!」

「駄目!!!」

「うー、それじゃ何処か飼える所に引越しをしようよ。」

という会話が何年か続いた。


ダラスでは居候先がペットの犬を買い、娘にしつけを

させた。

しかしこの犬は頭がよくて娘がしつけられた。


ペットはこっちに来てからは野生の小トカゲで我慢させてきた。


12月自分の家に引越しをしてから

クリスマスに娘はランデイ夫婦から熱帯魚の水槽セットを貰った。

それに水を入れて、準備をしペットショップへ水のサンプルを持って

魚を入れていいか調べてもらう必要があった。

オヤージは犬をけん制する為、毎日のようにペットショップへ水のサンプル

を娘と持っていった。

一週間後、店の係りの人は

「アンモニア以外はOKになったから、明日には魚を入れられる。」

翌日娘はリストしていた熱帯行を買いに行き、10匹程水槽に入れた。

「10匹しか飼わないの?」

「別のお店で別の魚を買うの。」

「ふ~ん。」


翌日は3匹が浮かんでいた。

その翌日にも2匹、その翌日も2匹が去り、

3匹だけになった。



「犬買って。」

ランデイの家のペットをミスしていたオヤージは

「どんな犬?」

と口を滑らした。

「バッセンジー」

「何だ、そりゃ?????」

「エジプト起源の犬で頭が良くて、毛が抜けなくて、かわいいいーー」

「どんな顔しているの?」

とボス一緒にパソコンのスクリーンを見ると

「かわいくなーい!!!!!」

「かわいいよ。」

「絶対駄目!!!!!可愛くない。」

「可愛いよ!!」

「ほかのは???」

「毛が抜けないのではヨークシャ テリア」

「どんなの???」

PCを覗くと可愛い。

ボスは  「ん?そーかなー」

「ダラスにブリーダーいるかな?」 とオヤージ。

「あるある、2件出ているけど20-30Kの所にあるよ。」

「でも上の一軒はもうほとんど子犬はいないよ。」

「ほんとうだ。もう一つは10匹いるよ。」

「見に行ってみようか?」

「行こう、行こう!!」

ボス

「見に行くだけだからね!!!宿題も言われないでやるようにならないと

かわないよ!!!!!

分かった???」


オヤージ  「分かったか?」

「うん、やっているジャン。」

ブリーダーに電話すると夕方じゃないとみせられないという。





いるいる。

3つあるケージには小さいのが一杯。

一匹をだっこすると、次から次へと抱っこしろとケージを上ろう

とする。

ケージに下ろすと、お腹を上にして

「もうどうにでもしてもいいよ。」というしぐさをする。

オヤージこの年になっても、妙齢の女性に言われた事は無い。

(こなにされて宿題をしないから買わないとわ言えんだろー、

男として責任を果たさなければいけないと密かに決意する。)


「どう、可愛いのいる??」

「皆かわいいよ。」

「でも、うちで飼うのは一匹だから、選ばなきゃ。」

「えー、見るだけって言ったでしょ!!!!!!!!」


最近ミミが遠くなったせいか、

娘に

「早く選ばないと明日の学校に起きられなくなるよ。」

とボスの言葉が聞こえないふり。

迷ったあと、

「この子がいい。」






ブリーダーは

「この子は顔がシルバーの色が入ってきれいになるよ。」

「何時この子を引き取れる?」

「今この子たちは7週間だから、あと2週間して注射して、1-2日

注射で具合がおかしくならないかを見て連絡するかね。」


ボスに「手付け金、払って。」

と言って新しい娘がもう少ししたらやってきます。

犬は誰がそこの主人か見極めるというので、

誰が本当のボスか、楽しみじゃ!!

























  
タグ :成人式癒し


Posted by テキサスバーガー at 08:05Comments(0)ペット

2009年01月14日

禁酒法

禁酒法


FBI捜査官エリオット ネスと マフィアのアル カポンとの戦いのテレビ番組が

子供の時、日本でも放送されていたので、禁酒法というのがあったのはご存知と思う。

禁酒法が1920年に施行され、1933年には法律は無くなったのですが、

実はアメリカの多くで、いまだにアルコールを店で売ってはいけない

所がいたるところにあります。

テキサス州でも多くの郡、市、町の全部の単位または一部の地域でアルコール

販売を禁止している。



これに気がついたのは、ある日400~500KM運転して帰り、家の近くに

来た時、家にビール、ワイン等の飲み物が無いのに気がついて、スーパーに寄り

探したけど見つからないので、店員に聞いたら

「内では有りません!」

とキッパリと言われ、はっと気が付きました。

「オー!!!!ここはドライ カウンテイーか?」



そういえば若い時、南、東部に出張し、スーパーで酒を買おうと

したけど、ドライ カウンテイーで酒を売ってはいけない地域

が良くあった事を思い出した。

西部ではこれらの地域は時代と共に無くなっていったが、

テキサスには未だに沢山残っていたのか!!!!!



その日は疲れに負け、直ぐにフトンに潜り込む事に決め、

翌日酒類の店を探し始めた。

もうこうなるとアル中と同じだ!!


ダラス市全体がドライではなく、一部の地域だけのはずと思い

家から半径 数キロを回るが、売っている店は見つからなかった。

すこで少し北に数キロ上がり、他の市との境を運転すると

「アルジャン!!!!」

ある一角に固まって酒屋さんが集まっているのに気かついた。

この辺はいろんな店があるので良く車で通っていたけど今まで

気がつかなかった。

市が違うと条例も違い、隣の市では売っている場合が多い。

ある店に入りワインを見たが値段もリーゾナブル。

店の中をうろうろしていたら、レジには警官が店の中を警戒していた。

21歳未満の未成年者が買いに来るのを警戒しているのだ。


日本人、アジア人は実際の年より若く見られるので、昔は

良く年令を示す免許証の提示をレジで求められた。


オヤージの記憶では32歳を過ぎて、求められたのが最後だった。


今回警官が見ているので恐る恐るレジに行ったが、聞かれなかった。

若く見られ無くて悔しいと同時にホットした。

なぜならまだ免許証を取に行ってないのだ!!!

新年会が出来ない!!!!!!!!!!


PS:酒販売禁止地域に興味のある方は、「Dry County]
   または「ドライ カウンテイ」等を検索してみて。  


Posted by テキサスバーガー at 13:34Comments(1)

2009年01月11日

ジェラシー

ここでは男も、女の人も、ビジネススーツにも、

カジュアルにもブーツを履いている。

皆、カーボーイでもなければカーガールでもない。




アメリカに若い時来て一番困ったのは

シャツの袖丈の長さでもなければ、ズボンの股下の長さもなかった。

ダンビロ、甲高の足に合う靴を見つける事だ。

そこで靴を選びに店に行くけど、オヤージ”のご”幼少の時、

ゲタ
というのを利用させられたお陰で、

巾はEEとかEEEというダンビロの靴で無いと

痛くて長く履いていられない。

多くのメーカーはEとかEEを作っていても、

それを必要とする客が少ない店では置いていない。

アメリカ人は大方足巾が狭い。


それに対し、アジア、メキシコ系の人たちは

足巾の広い人たちが多い。

この人たちがゲタで育ったかどうか知らないけど。

だからアジア人、メキシコ人客の少ない店では

オヤージに合う靴、ましてやブーツは絶対見つからない。




時々日本人でカーボーイブーツを履いている人

に出くわした。

ご本人は格好良いと思っているのが良く伝わって来た。

見る方からは決して格好いいとは見えなかった。


しかし入るブーツあることがジェラシーを感じた。


そんな事分かっていても、カリホルニアで

カーボーイブーツを何度か試みた

けど、オヤージのダンビロ足が入るブーツは見つからなかった。

(女性は”桜島ダイ●ンといういうハンデイが有っても、入るブーツ

が有るが羨ましいかった。)




しかし、内心ブーツを履いてみたいという欲望は何時も有った。

毎年夏が終わり、家族がテキサスから戻るとボスと娘は格好良い

ウエスタン ブーツを履いていて帰ってきた、。


うらやましく

オヤージはそれを見て、一人トイレで

「ドーして、EEのブーツが無いのだ!!!!!!!」

「男女同権なのに、何故、何故、ヨ、ヨ、ヨ・・・・・・」

ゲタに合った形をしている足を見つめ、毎夏の終わりには泣き崩れていた。



しかし、年末に居候をしていた時の”あるじ”が南方へ

ドライブし、帰りにハーレーを運転して帰ってくるという。

彼は風邪を引いて熱があり、顔が熱で真っ赤。



”あるじ”の奥さんが途中 マーブル フォールという町

にウエスタン ブーツのアウトレットが出来たと教えてくれた。

彼女に聞いた

「EEサイズあるかなー?」

「勿論あるよ、私は逆にAAだけど、有ったよ。」

「ソーカー、あなたの旦那は今晩熱が出るから、明日南方に一人

で運転して、帰り400キロをバイクで戻るのはよくないよ。

オヤージが一緒に行って、帰りに連れて帰ってあげるから。」

と押し付け、運転していった。



帰りにマーブルフォールで

「あのさ、時間取らないから、トイレに寄るよ。」

といってアウトレットに飛び込んだ。


”あるじ”は

「トイレはアッチだよ」

と指を差す。

「先に行って!」

とオヤージはブーツコーナーへまっしぐら。

オーストリッチのブーツが沢山。サイズもEEサイズ OK.

値段は$300-600.

「タケー!!!これでアウトレットかよー!」

まー、一様試してみよう。

履き心地はなかなかヨロシイー。

鏡で見るとブーツはOKだが、アヒルがブーツを履いているようだ!!!


そこでおとなしいブーツを選びはいてみると、気に入った!!

値段もリーゾナブル!!






ズボン(若い人たちは”パンツ”というが、あくまでもズボンが

正しい日本語である。)

から出ている部分を見ると普通のビジネス シューズという感じ。

気に入った。





これを履いて何処にでも行く。

もうこれでウエスタン ファッションになった!!


もうジェラシーしない!!!!




  


Posted by テキサスバーガー at 07:23Comments(0)ファッション

2009年01月07日

旨い食べ物

ジャーマンソーセージ

昨日は電線にツララが沢山ぶる下がって、夕方には電線が切れ、多くの家が

停電になった。夜になっても回復しないとランデイ一家が避難してきた。

ペットのテッシーも一緒に。

この事と今日の記事とは関係ない。

ただ寒いのだ。

外の気温が低いだけでなく、冷房

が効くかどうか機械ののテストを工事の人がしているのだ!!!!!!!


早く暖房のテストにしてくれーーーー





小郡親子さんよりメールをいただたので、美味しい食べ物についてご紹介。
(小郡さんの奥様と二人のお嬢さん達は非常に美しい。
小郡さんについてはあえて触れたくないが、
オヤージ同様(動揺かも)イケメン!!
あまり男の人をほめたくないのだ!!!!!)



ダラスより車で北西に向かって70-80マイル(1マイル=約1.64KM)

走るとMuensterという小さな町がある。

モンスターと聞こえる町。

ここにランデイのキャンピングカーで買出しに。

「ジャーマンタウンでソーセージを作っていてこれが旨い

と言う。

町は本当に小さく、大きなマーケット以外2-3件の店がある程度。

マーケットに入ると入口には数十種類の輸入ビール、

奥に肉類のカウンターが見えるが、ビールのセクションで足は止まってしまう。

皆見たことの無いビールのブランドばかり。

何度も同じ棚を行ったり、来たりしたけど、結局は適当に選ぶ。


店の奥のカウンターではボス達がオーダーをしていた。

ガラスケースの中は自家製

生 !!

スモーク !!

クック済み !!


中身の種類は

ポーク、

ビーフ、チキン、

ガーリック入り、ハーブ入り等々


もうゆだれが出てきた。



大きさは20CMくらいから60CMくらいの長さ!!!!




(バナナは大きさを示す為、横に置いたのだ。)



それにベーコン!!

厚く切ってあって見るからにベーコン!!

隣にはチーズ!!!


チェダーにハラピーニョ唐辛子が入ったのを

オヤージの指名でカートに入れてもらう。


ランデイに止められカートを見ると、カートはソーセージで一杯!!!!

もう腹が減って、早く食べたいのだ。


そこで帰り道途中でランデイの両親の家でソーセージを焼く事に!!!!

味は、


言葉では言い尽くせません!!!!


勿論買い置きが無くなったら自分で買いに直ぐ行きます!!!!!




自分の家に移って、直ぐにバーベキューグリルを購入。

人生で2番目の複雑な組み立て作業に入る。

なにせバツイチ、壊す事は得意だけど、まとめる事は苦手。

組み立てもまとめるうちに入る。

寒いガレージで2時間余に渡る激闘の末、完成。

2-3個ネジが余ったが小さい事にこだわらない!!!!




今日は夜の食事を一人で作って食べてボスに命令された。

冷凍しておいたソーセージを解凍してと考えたが、大きすぎる。

それに肉食が多いので、今夜は白身の魚をグリルで行こう。

これもいける。




参考にモンスターに関するWEBを探したけど下のジャーマン
フェスッテイバルしかしか良いのが見つからなかった。


http://www.nortexinfo.net/gfest/



この記事と関係ないけど、可愛いテッシーが帰ると

ベッドルームとバスルームにウンチを8個おいていった。

今年もウンがよさそうだ

  
タグ :新年オセチ


Posted by テキサスバーガー at 08:54Comments(0)

2009年01月06日

花粉症

花粉症

3日に28度という記録的な気温になったら、

朝から鼻はズルズル、目はかゆくてかゆくて、

おまけにクシャミが止まらない。


アレルギーの薬を飲んだけど、全く効果ない。

外でパンジーを植えてたら、

もういけません!!

目玉を取り出して、砂でこすって洗いたい

でもそれをしたら、明日から杖をついて歩かねばならない。

砂じゃなくて普通に洗ってみるかと、シャワーをした。

しかし痒みは流れ落ちない。

「そーだ!!いい事思い出した。

加湿器だ。




これで目、鼻の中を湿らせれば楽になるに違いない。!!」

オヤージ自分のヒラメキ自画自賛。

だてに長く生きていないのじゃ!!

ボス愛用の加湿器をつけて、顔を近づける。

蒸気にふれるが、鼻が詰まっていて蒸気は入らない。

それどころか口で息をする度に蒸気は飛んで行ってしまう。

すると水っ洟と水蒸気が友達になり、鼻から線路が

沖縄くらいまで伸びて来た。


「いけね、いけね!!こりゃだめだ!!」

「しょうがいねー、最後の手段だ!!」

テイッシュを小さく切って丸めて鼻の片方に入れる。

両方に入れると明日には冷たくなっているから片方で我慢。

「どうだ!!不思議な事に目のかゆみも止まった。」

と喜んでいるところへボスが来て、オヤージを見た

とたんに笑い転げだした。

その時、オヤージは

ハックッション・・・・ションション・・・・」


と共にテイッシュ弾丸は線路と共にボスに命中!!!

人の不幸を喜んだ天罰が下った。

オー、オヤージにはユニークなタレントがあったのだ。

もしかしたらテレビに出られるかも。


追伸: アレルギーの元の花粉指数は700で非常に高いクラスになるそうだ。
     娘が泊りに行っていたテキサス南部では、この日指数は
     8,000を超えていた。
     オヤージの知能指数は”0”だった。  


Posted by テキサスバーガー at 01:55Comments(2)暮らし

2009年01月05日

年始超サービス

1月3日 最高気温 28度、 4日 最高気温予想 5度





クリスマスカードも年賀はがきも、引越しのご挨拶も出来ていない。

新しいプリンターとの格闘が始まって既に3日たつ。

どうしてもオヤージの言う事を聞かんのだ。

ボスと娘だけでも持て余しているのに、

機械のプリンターまでもだ。



朝一番で何とかねじ伏せようと挑戦するがてこずる。

「あー、又駄目か!!」

が続く。


「あのさー、今日は天気がいいからどこか行こうよ。」とボス。

「えー、何処へ?」

「そーねー、ファーマーズマーケットがダウンタウンの近くに
あるから、野菜でも買いにいこうよ。」

家内安寧をとるか、カードを作って送る知人への義理が優先か???


悩むのである。


しかし何時ものように勝負はもう決まっているのだ。。




外にでると暑い。

半そでに着替える。


20分弱でマーケットに着く。

人はまばらだ。

マーケットに入り一回りして見ると野菜、果物、卵等が売っている。






しかしほとんどが地元ではない野菜、果物のようだ。

オレンジ、グレイプフルーツ、スクワッシュがかろうじて地元テキサス産。

それに有機栽培の野菜、果物も見かけなかった。

そんな訳で買ったのはトウモロコシとオクラ、さやえんどうだけ。



そとには花屋さんがあり、ごらんのようにパンジーが一杯。

「これは気温が氷点下になっても大丈夫?何時まで咲くの?」

とボスがメキシコ人の店員に聞く。

「大丈夫。4月まで。」

「それじゃ買おうか?幾つ買う?」

んー、メシの後にしよう。」


すぐ側にメキシコ レストランとパスタと肉を売る店があった。

オヤージはレストランへと思ったが、ボスは隣のパスタ店へ。

レストランかと思ったらパスタを計り売りしている。大きな

その横にあるフリーザーには肉が包まれて売っている。

お兄さんが「これらはうちの牧場からの肉だよ。

コーベビーフもあるよ。ダラスのレストランに卸しているのさ。」

「え、日本から持ってきているの?」

「いいや、これも自分たちの牧場で飼育しているのさ。」


そりゃー神戸牛とは言わんでしょっと思ったけど面倒くさいので

「あそー、神戸牛は脂が多いから食べない。」
(高くて食べられないのが本当。)
「うちのは脂は少ないよ。」

「又今度ね。」



と隣のメキシカ レストランへ。

写真はビーフ チミチャンガス。




(どんな料理か説明しろ? そりゃ無理でしょ!!!

こっちは腹ペコで、説明してたら餓死してまんね。)


よく覚えていないけどカリフォルニアで時々食べたチミチャンガス

は違うと思う。

でも旨かった。

ボスはサルサソースのビーフステイキ。




見た目は食欲を誘わないけど、旨い。



二人ともお腹一杯で、夜は野菜だけだねと花屋に向かう。

花屋で4ケースのパンジーを買い、家に戻る。

ボスは

「フロントヤード(道に面している庭)に色をつける。」

言いながらパンジーを植え始めた。

12月中旬に一日中氷点下の日に、ベコニアが花だけでなく

茎まで凍って無残な姿になったので全部捨てたのを、

パンジーで色取りする意図だ。

しかしオヤージは朝からアレルギーがひどく、薬を何回か飲んで

いるのに全く効かない。

鼻から二本の線路とくしゃみが止まらない。

おまけに目玉を取り出して砂で洗いたいくらいかゆい。

パンジーどころではない。


我々の姿を見たご近所さんが出てきてお互い自己紹介が始まる。

隣人たちについては後日に回す事にして、

ボスはパンジーを前庭のポット等に植え終わると

「アトリウムのポットの花がカラッポだから、パンジーを植えて。」

と指令が出る。

しかたなく作業に掛かったけど、今日の気温は28度だ!!

暑くてたまらないのでショートパンツにはき変える。




明日は最高気温5度の予想。



短い夏日は白ワインで締めるのがいい。




Merryville の シャードネイの喉通りが何ともいえない!!


PS カード、年賀状の投函は今度のクリスマスまでに必ずいたします。  


Posted by テキサスバーガー at 11:40Comments(0)暮らし