2009年04月29日

もどき


がんもどきではない。

竹の子の話。

九州の山には竹が生えているので、多くの方が

竹の子をブログに載せておられる。

コッチは若い甘い竹の子は手に入らない。

昔、千葉の友人が山に行って、茹でて瓶詰めにして

送っていただいた事は何回かあった。

そういう時は周りの日本人の方におすそ分けて

皆で喜んだ。

だから皆さんが竹の子をブログに載せると

何とか美味しい竹の子が食べられないかマーケットを

のぞいて見る。

(ご存知のようにのぞきは得意では決して無い。)





のぞいても見つからない。

友人が上の写真の”もどき”と思われるのをくれた。




竹の子のように見える。

味は瓶詰めで少しお酢が入っている。

でも食感は若い竹の子。

昨日はオヤージの口に入る前に娘とボスにやられた。




竹の子ではない。

直訳すると「椰子の木の芯」 (Hearts of Palm)


コスタリカ産。

ここままでも、小さく切ってサラダに入れても美味しい。

でも若い竹の子にはかなわない!!  


Posted by テキサスバーガー at 07:53Comments(2)海外生活

2009年04月28日

夜遊び


こちらにはゴールデンウイークはないけど、

友人夫婦は1週間バケーションに行った。

飛行場まで送っていった帰りには彼らのペット

お嬢さん犬テッシーを連れて我が家へ戻る。

内のネズミ捕り犬ココと一週間過ごすのだ。



(白茶がハバニーズ犬のテッシー、ココはヨークシャー。ヨークシャーはもとも

 と下層階級の家でネズミ捕りように飼われてたそう。)


うちのココは大喜びで飛び掛り、レスリングが開始された。

レスリングは何時も続く。





最初はココが圧倒的に優勢。





しかし次の日になると年も2ヶ月、目方も1Kg重いテッシーが

ココを押さえてつけ貫禄を見せ始めた。

夜には2匹ともボスのベッドにもぐりもぐりこんで朝まで寝る

はずだが、まだ暗い4時半にトイレにボスは起こされ庭に

2匹出す。

しかし2匹はトイレを忘れ遊びだし、家の中に戻らず夜遊びに夢中。

SMAPの誰かみたいにはならなかったけど、

その余波がコッチまで飛び火し、寝不足。

いままで2匹昼寝は一緒の所でしていたけど、

もう別々の所でしている。

女同士仲がいいのか悪くなったのか、

所詮男のオヤージには分からない。

  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(2)ペット

2009年04月26日

世界的ニュース


土曜日24日の地元の新聞を読んでいたらというか

紙面を見ていたら、JAPANという文字がトップにあった。


ダラス モーニング ニュースより

Comments 0 | Recommend 0
Email
Print
RSS

Yahoo! Buzz


JAPAN

12:00 AM CDT on Saturday, April 25, 2009
The Associated Press

TOKYO – Japanese pop star Tsuyoshi Kusanagi apologized Friday for his behavior after he was found drunk and naked at a Tokyo park.



KOJI SASAHARA/The Associated Press
'I drank a lot and did not know what I was doing,' pop star Tsuyoshi Kusanagi said Friday at a news conference. Kusanagi, a member of the group SMAP, was arrested Thursday after complaints that a drunken man was making a fuss in a park, a Tokyo Metropolitan Police official said.

The singer apologized at a news conference after he was released from the Harajuku police station. "I drank a lot and did not know what I was doing. As an adult, I did something shameful," Kusanagi said, bowing deeply.

His arrest was the top news item in Japan, with TV networks repeatedly broadcasting footage showing Kusanagi being escorted to a police van.

Kusanagi, sitting on the grass, resisted the arrest, saying, "What's wrong with being naked?" public broadcaster NHK reported earlier. His clothes were bundled near him.

Police questioned Kusanagi and later searched his apartment. Nippon TV said nothing was seized.

The Associated Press



(以上 ダラスモーニングスターより)

世界的タレント/シンガーの誕生か?

と思ったら酔っ払い、スッポンポンだけで世界的ニュース!!!!!!

平和な日本・・・・・・・・・  


Posted by テキサスバーガー at 05:42Comments(5)海外生活

2009年04月25日

ダラスの電車

車で40分位の所にフォートワース(Ft. Worth)という大きな町がある。

距離にすると50-60キロだろう。

ランデイが

「フォートワースのアート フェステイバルに行こう。」と誘ってくれた。

ダラス市内を3本の軽軌道の電車がありそれを使っていくと言う。

土曜の昼過ぎに電車に乗り込むと、思いも寄らず混んでいた。





「アメリカに30年いて初めて電車とかバスに乗った。」

とランデイに言うと

「オレは人生2度目!!」~彼はオヤージより年上だぞ。


軽軌道電車は快適だった。

が乗り継ぎの電車がくるまで1時間!!!

ランデイ  「一駅戻って駅の周りの観光をしよう」


戻った駅を降りると直ぐケネデイ大統領暗殺現場があり、

反対側にはボス達が大好きなお店があった。

乗り継ぎの駅に戻るまで40分以上あるのに、

ランデイは  「後5分で店を出て電車にのるぞ-!!!」

と女性陣をせかす!!

{何時までも店にいると来月のカード請求が怖いからねあと小声で言った。}




結局3時間かかってFt.Worthに着いた。

オヤージ  「この汽車で戻らないと娘を迎えに行く時間に間に合わない!!!」

ボス  「大丈夫よ。 夜の九時くらいにならないと娘は戻らないから!!!」と

     自信を持って断言。

オヤージ普段の言動を否定されてきたけど、今回は

「イヤー、7時45分には迎えに行かないと」

「ジャー次の汽車にしよう」という事になり

アートショーを見に行く!



しかしオヤージは娘のことが頭から、離れず気が気でない。


結局公共の交通機関で5時間の往復。


案の定娘の行事が早く終わり6時半迎えに来てという。

他の生徒の親に迷惑をかけることになってしまった。

  


Posted by テキサスバーガー at 17:02Comments(0)旅行

2009年04月25日

緑のダラス


ダラスがこんなに緑が多い町とは驚いた!!

町が古いので住宅街の木々が多く、多いので

町がイッセイに緑になった。



町を運転していても気持ちが良い!!


花粉症にはつらいけど!!!!!!!!!

  
タグ :癒し


Posted by テキサスバーガー at 16:13Comments(0)海外生活

2009年04月25日

16万円のカルフォルニア ワイン

アメリカでワインと言えば

カルフォルニア。

カルフォルニア ワインと言えば

ナパ

ナパのワインは品質はフランスワインを凌ぐ。


オヤージの独断ではない。

フランスワインの業界から数多くの研修生をナパに送り込んでいる。

1990年代にはナパがボルドーを越えて世界中で多くの金賞を

貰った。

中でもオーパスワンがナパを代表するワインの一つとして、世界中で

愛飲されている。

オヤージも景気のいい時はオーパスを開けた。

当時は1万円くらいだったけど、今は2-3万するようだ。

だから一番高いナパワインはオーパス ワンだと思っていた。


ところが友達がワインショップをオープンした。

「オヤージ、久しぶり!!! 

秘蔵のナパ ワインのショップ始めたから!!」

「OK,OK!! バブルのはじけた後はスペインとかチリとか

オーストラリアの赤を愛飲していた。 

最近カリフォルニアの安い赤を愛飲しているよ。

一本買おうか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 沈黙が続く。

「あのね、http://www.kmf24.com/  を見て!」






1本   16万円

3本   48万円




「オー、すげーナパ ワインだなー!!

どうやって手に入れたの??????

あのね・・・、

今度コルクだけ売ってくれ。」


こういうナパワインを飲んでいると悪酔いして捕まるような事にはならない!!!!

ほかにも凄いのがある!!!!

KFM24 IncのHPは

http://www.kmf24.com/



 






  


Posted by テキサスバーガー at 12:21Comments(0)グルメ

2009年04月25日

アメリカの親

ここでの一日

7:30AM   車で学校に連れて行く (10キロ、15-18分)

3:30PM   向かえに行く

4:00PM   陸上部の練習に違う学校のトラックに連れて行く(週回)
         娘の馬のクラブ送り迎(週2回)
         他の部活は先週で終わったから放課後は以上。

5:15PM   練習が終わる時間、早めに迎えに行くと、今日は
         ハードルの人達だけで、娘は行かなくても良かった。

7:00PM   訳が分からないけど、学校でダンスパーテイー。
         膝上10センチ以上短いスカートは駄目なのに
         スカートを下げて行く。

9:00PM   迎えに行く。(この部分はワインが入ったオヤージではなく
         ボスが行く。
         草なぎ剛さんみたいになるとここではモット大変だから。
 


16歳で確か車の免許が取れるまで、大方4歳くらいから高校まで上のような
運転手生活がアメリカの親。
働いているお母さんは大変。
オヤージも大変!!!!!!!!!  


Posted by テキサスバーガー at 10:39Comments(2)海外生活

2009年04月18日

ダイエット

「今日の夜は、私と娘は学校の行事に参加して食べてくるから

   一人で食べて。」

とボスがおっしゃられた。





ブログを読んでいたら

「牛蒡天」 が美味しそうにでていた。


「そういえば牛蒡天なんかもう半年食べていないなー。

  こないだボスが韓国マーケットで牛蒡を買ってきていたナー」

とブツブツ独り言。

冷蔵庫をあさるけど、ごぼうの影はない。




あっ、そーだ。


こないだボスが娘に ”何食べたい?”

って聞いたら

「肉じゃが」と返事。

出来た「肉じゃが」に”ごぼう”が入っていた。


しかしオヤジの好きな糸こんにゃくは入ってなかった。

2人とも嫌いなのだ。

「そーか、ジャガジャガ(肉なし肉じゃが)に使ったんだ。」




冷蔵庫にはモヤシがあった。




「モヤシのナムルなんかもいけるな。」

インターネットでナムルの作り方を見ながら

早速お湯を沸かして、塩とモヤシを入れる。

「しかし量が多いけど・・・・・」




900g入り



調味料は醤油、ごま油、すりゴマ、酢とある。

しかしゴマが無い

ゴマすり器とゴマを擦る人はいるのに。

ごま油も足りない。

うちは切れるのが多い。

先ず オヤージの頭!   (文句 あっか?)

牛蒡!!

ゴマ!!!!

それにごま油も!!!!


切れないのは包丁だけだ。


「モヤシが茹だったけど、味はどうすべばいいか?」

独り言は続く。

「おー、おー。 ある、ある!!!!」


韓国の辛い唐辛子

にんにく

を醤油に漬けた辛い醤油がある。





涙が出るほど辛い醤油だ。


酢と辛醤油をまぶして、モヤシにからめる。



涙しながら、飲み込むのにワインが必要だった。


どうだ、全部 野菜からのダイエット食事






  


Posted by テキサスバーガー at 10:13Comments(2)暮らし

2009年04月15日

デザート

アメリカのデザートは極端に甘い。

逆に日本のデザートは甘さが足りない。

デザートだけでなく日米の文化は両極端。

何時も中間がいいと思う。




これは20センチくらいノスポンジケーキに砂糖がかかった砂糖ケーキ。

見るからに甘そう。

ボスは値段に釣られて買ったみたい。




(普通$5.99が$3.99)

「うえー!甘そう。」

「たまにはいいかと思って・・・・」


一切れ切って食べてみると甘すぎない。

「う~ん、 これは問題だね!!

丁度良い甘さ!!」

ボスも
「あー、これだと手だ出るね。」


「モー買ってこないで。」


と言うわけで2~3日後には2回目のシュガーケーキが来た。

  


Posted by テキサスバーガー at 10:13Comments(4)グルメ

2009年04月14日

野菜不足解消


簡単な肉料理が毎日続く。

どうしても野菜不足になる。

反省してスーパーへ

トマト

セロリ

玉ねぎ

アボカド

キュウリ

パクチ

ハラピーニョ
 (無ければ赤唐辛子でも青唐辛子)

上の材料をみじん切り

塩を加えて、

ライム数個を絞ってジュースを入れてかき混ぜる。




オヤージ風 サルサ


コーン チップスに載せてビール、ワインに合う。

マグロを焼いてサルサをソースに乗せてもいける。

ボスはいろんな料理の付け合せにしている。




この人は結婚してして以来、漬物は作成しない。

仕方がないので自分で作る。

最近良く作るのが、地元のどこのスーパーにある



TURNIPS----


辞書を引くのが面倒なので、なんだか分からなかったけど

食べたらかぶだった。

ただ日本のカブみたいに水水しくは無い。


これを薄く切って、

塩をし

寿司酢か酢に砂糖を入れて、切った下部にふりかけ

しばらく置くと千枚漬けのようになる。

一味唐辛子を好みで入れる。

結構いける。



直径10センチくらいのを2つ切るとボール一杯になり、1週間くらい持つ。  


Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(0)グルメ

2009年04月13日

ウエデイングドレス


引越しの荷物の整理をしてたら

結婚式の写真が出てきた。



(WEBから)

夕食時、娘がそれを見て

「ママのウエデイングドレスはおばあちゃんの所にあるの?」

「そう。」

「私の結婚式の時、着て良い?」

オヤージ横から

「その前にボーイフレンドを見つけないとな!」

「うるさい。

ダデイが結婚出来たなんて奇跡だよ!!!」


ボス

「それも、二度も!!!!!」

年長,親を尊敬しない戦後教育の完全失敗例だ!!!!






  


Posted by テキサスバーガー at 14:01Comments(0)ファッション

2009年04月13日

蜘蛛(クモ)かはたまた飛行機か


有機栽培の野菜の販売を始めましたと言う記事に

つられて行ったら、園芸植物店だった。

そして有機栽培農家は一軒も出ていなかった



ここで購入したワイン色の観葉植物

{Spider or Airplaine} と出ていた。

日本語にすると題のようになる。

しかしこれで検索してもインターネットでは出てこなかった。





翌日になると花が咲き出した。

春じゃ!!
  


Posted by テキサスバーガー at 09:13Comments(0)旅行

2009年04月12日

おめでた


サンタフェから戻ると稚魚が生まれていた



娘は大喜び!

しかしオヤージには親子関係が良く判らない!!

娘にはそういう風にはなってもらいたくない!!!!!  


Posted by テキサスバーガー at 17:13Comments(0)ペット

2009年04月11日

トイレット・・・・


トイレットの訓練をしてます。

苦労したかいがあってやっと

覚え始めました。




しかしペーパーを使うようには教えていないのですが





今日3本目の犠牲です  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(0)ペット

2009年04月09日

再びスペアーリブ


リクエストに応じて



約2.5キロのリブに 砂糖、シオ、コショウ、にんにく



今日はSTUBBのソースが足りないので、他と混ぜる




仕上げにソースを塗って焦げ目をつける

ここの所が一番難しい





チキンも焼いた。

テーブルが小さいので野菜類はうしろのカウンターに




友人の奥さんがビアーブレッドとコーンのキャセロールを持ってきてくれた。


アット言う間に無くなった。


「ダイエットしなければ!」 っとみんながいう。


娘はWiiを出してきて、みんなの体重測定、身体の年令を調べ

バランスとヨガを夜遅くまでやらされた。
  


Posted by テキサスバーガー at 11:03Comments(0)グルメ

2009年04月08日

700g ステーキ(小)









塩とペッパーだけの味付け。


ポテトもサワークリムで完食!

900gにすれば良かった!!!  
タグ :グルメ


Posted by テキサスバーガー at 01:39Comments(0)グルメ

2009年04月07日

最終回 4,000キロ ドライブの旅

たった一週間の旅だったので、この旅行記は3-4回の

ブログ記事で完成すると思っていた。

一旦書き出すと色々な景色、会話が浮かびだし

ついつい、こんな長いブログになっていた。

車での旅は若い時イエローストーン公園等へ

カリフォルニアからして依頼、30数年ぶり。

飛行と違い、狭い空間で家族と過ごす時間が多いぶん、

それだけ思いでも多く残った旅となった。



エルパソはメキシコと国境を挟んだ町。

ハイウエーを走ると南側がメキシコ。

ファーレス(正式にはCiudad Juarez)という非登録の住民を入れると

2百万を越す大都市。

しかしこの町は麻薬をアメリカ側に密輸出する拠点となり、

ギャング同士の殺し合いが毎日行われている。

アメリカサイドの新聞に寄れば今年になって毎日10人くらいの殺人

が起きており、腐敗した警察では取り締まる事が出来ず

軍隊が我々が着く2-3日前に出動し、町の警備を始めたところだった。



「ファーレスに行きたいなー」 とオヤージ。

この72時間、殺人が起きていないけど、今日は止めとこうよ!」 とSさん。


「分かった!! じゃー、ホワイトサンドへ行こう!」

と分かりの良いオヤージはエルパアソから2時間ほど北上した

ニューメキシコ州にある

ホワイト サンド公園 に向かう。


公式WEB

http://www.nps.gov/whsa/

山を越えると一直線にハイウエーが延びる。

左右には何十キロも何も無い。

広告もガソリンスタンドも!!!!

「ガスがあまり無いから、次にあったら止まるから。」

するとSジュニアーが

「前に父と行ったとき、公園で聞いたら25キロくらい

行き過ぎた町に行かないとないって言われた。

「へー、仕方がないけどガス優先。」


看板が出てきた。

「短距離ミサイル試射場 ->」
そうかここは各種ミサイルの試験場か!!!!!


ミサイルが飛び交う試験場を140キロで突っ切る。
(今日は飛び交っていなかったけど)


北朝鮮の試験をここでお願いしたらいいのに。


左手に白い砂の丘と呼ぶには低すぎるけど、こんもりと白い丘状の

景色を通り過ぎ、ガソリン求めて突っ走る。

最初のガススタンドでガスをいれると、 ボスが


お昼食べて行こうよ」

食べる事なら第一に賛成するのがオヤージ。icon28

Sジュニアーに「前に来た時、何か食べた?」

「ううーん、前に来た時は直ぐ戻らなければいけなかったで何も食べませんでした。」

娘が 「さっき 町のショッピングモールまで6マイル(約10キロ)って出てたよ。」


車を進めると両側に全国展開のファーストフード店が出てきた。

「何にする?」

「アーさっき、バッファロー ウング(鳥てば)が有った。そこへ行こう。

そこでいい?」とボスが皆に聞く。



入って注文をすると偶然にもみんな 「スパイシー ホット」icon86icon86

を注文した。

スパイシー ホットにを口に運ぶと

みんな   「すっぱい!!」 と叫んだ。icon198icon198icon198

甘いドリンクをがぶがぶ。

「スパイシーじゃなくてスッパイ ホットじゃん」icon41icon41

「ホット(辛い)でもないよ」icon101 と娘icon101

「単なる スッパイ ウイングだ!!!」

とSジュニアーが笑い出すと、みんながつられて大笑い。

みんな「不味くて食べられない」

「サンタフェから私の選んだ店は全部スッパイだ!!!!」 ボス。

それでも笑いが止まらず、車の中でも笑い続けた。



普通「楽しい食事」とは美味しい食事だけど、



「不味くて、楽しい食事」は始めての経験。




公園の入口でSジュニアーが

「ミウジアムに入ってみていくと、どうしてホワイト サンドが

出来たか理解できるから、入っていこうよ」

と教えてくれたので入る。

お土産店もある。

一周して

「どういう風に出来たの?」

と聞くと

全員

「わかんない!」

と明快な返事。



公園に入ると名前の通り

白い砂が続く。





雪景色ではなく砂丘




雪のように白い砂丘で遊ぶビジター達。




日光浴をする人たち(熟年男女と思ったら熟年女女のカップルだった)



砂は塩の味がするかと舐めたら味は無く、

じゃりじゃりもしないで口の中で溶けた。

犬も砂を舐めていた。




どうしてこういう白い砂が出来たかウキペデイアを読んで分かった。

ウキペデイアの日本語ページ


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BA%E5%9B%BD%E5%AE%9A%E8%A8%98%E5%BF%B5%E7%89%A9





この旅の締めくくりにエルパソから50-60キロ東に

野中の一軒家という感じで荒野の

「CATTLEMAN'S STEAK」 という小型動物園もある大きなレストランへ

Sさんが連れってくれた。



入口

Sジュニアー 「ここはアメリカで5本の指に入るレストランだよ。」

「ステーキで?」

「そー」




レストラン入口内部に展示されたガトリング銃





写真  最大900gの T ボーン ステーキが載るメニュー


ボスの注文は700gのT ボーンステーキ

オヤージも3歩下がって700g





骨が150gくらい、正味550g ステーキ。




2人とも完食!!!!


美味しくて、楽しい時をS家と過ごし、

一路1,000キロ離れたダラスに向かった。


平均140キロの時速で、時にはパトカーに捕まりそうになったけど

無事帰宅。

全工程丁度4,000キロだった!!!!

また行くぞー!!!!

(5月の連休に日本からのお客さんをサンタフェまで

車で、無理やり連れて行くことになりました。)

ドライブ旅行にハマッタぞー!!!!!!!!!!!!!!!!

  


Posted by テキサスバーガー at 04:25Comments(2)旅行

2009年04月04日

ドライブ 4,000キロの旅(8)

エルパソまで約500キロ。


Cerrillos村からエルパソへへいくのに、

ナビに入力すると考えていた方向と逆の方向に行けと言う。

「こっち行ったら行き止まりじゃないのかなー???」

と無視して朝来た太い通りに向かおうとしたが、

ナビは

「Uターン」と強要する。

「しゃーねー、行って見るか!」とオヤージ。

運転はボス。

村の中を通り抜けると、道路は未舗装になった。


未舗装だけど、ダラスからサンタフェに向かう最初の日に通った

工事中の道よりは格段に良い。




途中行きかったのは1台だけ、25キロほどでメインの「ハイウエー25」に出た。

HWY25をひたすら南下すればエルパソにつく。

途中で食事をすると多分5時間くらい、夜の8時には

Sさん宅に着くだろう。

HWY25沿いは畑はほとんど見えない。

砂漠状の荒野と遠くに山が見える。

ニューメキシコには火山が点在し、Elephant Butteという町の近辺

には温泉がありる事をSさんの奥さんから聞いていた。

なかなか良い温泉で、

「泊らないくても、入れる所があるから温泉につかってきたら。」

と勧められたけど、

「温泉に入ってたら今日はエルパソに行けなくなるね。」

とボスと合意。




毎度の事ながら腹が減った

「今度、マックのサインがあったら降りて入るぞ!!」

「エー、マックはやめようよ。」

娘も 「他のにして!」

オヤージはどういう訳か今日はマックで行きたいのだ!!

決してマックのキッズミールに付いて来るオマケが欲しい訳じゃない。

アメリカ文化のゲップが懐かしいのじゃ。
しかし家族はオヤージの気持ちなんか分かりはしないのだ。


無言が続く。

いくら走っても町が出てこない。




「オー,出てきた、出てきた!!!」

マックのサインが出てきた。

同行者には聞かずハイウエーを降りると

Piza Hat, Burger King, Wendy's といったファーストフォードの

店が両側に出てきた。

しかしマックはまだ出てこない。

「マックじゃなくて、ローカルノレストランにしようよ!!!」

とボス。

「そんなの無いよ!!」

と言った途端

「有った!!!!  右、右!!!」

とボスが見つけた。

先に見つけた者の勝ち。

レストランに入るメキシコ人の受付の女性が

「好きなところへ座ってください。」 と優しく言う。

ウエイトレスはニキビの白人の女性

「お決まりですか?」

ローカルのレストランだと命令した2人はなかなか決まらない。

ウエートレスは親切に説明したり、こいいうのはどうとか対応して

くれている。

オヤージは肉だ!!!! 

肉が食べたいのだ!!!!

「サーロイン 280g サルサソース 」

を迷わず選ぶ。  

コーラを飲みながら外を見ると、車に置いて来たココが窓越しに見える。

ココからは店の中は見えないらしくキョロキョロ、左右の窓へ

行ったりきたりしている。

ステーキが来た。

サルサソースは余計だ。

肉を切ると硬い。

歯ごたえがある。

ボスに一口切ってあげると、

「アーこれはいけない。サンタフェのAndiamoのステーキの後

こういうのは食べられない。」

とオッシャル。

「オレ、こいうの大好き!!! もうあげない!!!」

ボスはチキンサラダを少し残し、もう食べられないとギブアップ。

オヤージ完食。

車に戻るとボスは

「ニューメキシコの人って優しいね。テキサスの人が皆優しいって

いうけど、ニューメキシコの人のほうが優しいような気がする。」

「うん、・・・・・そうだね。」

「着てよかったね」





後はナビの言うとおり走らせると、予想通り夜の8時にS家に到着。


Sさん一家とは10ヶ月ぶりの再会。

「まさかテキサスで再会実現するとは思ってもいませんでした!!!」とSさん。

早速シャンパンと赤ワインが抜かれ、

10ヶ月のブランクをアットいう間に埋まった。face01

ココもおおよろび、すぐにSさんのマスターベッドルームのカーペット
に、

なんと

「ウンチ」をした。

大した奴だ。


オヤージにはまねできない!!!!








  


Posted by テキサスバーガー at 13:16Comments(3)旅行

2009年04月03日

ドライブ 4,000キロの旅(7)

サンタフェのホテルをチェックアウトし、

向かったのは

車で南方向に小一時間程下った

CERRILLOS という小さな村。

そこはサンタフェのビシターセンターで聞いた

ブロークン サドル ライデイング カンパニーという名前は大きい

けど村にふさわしい乗馬クラブ。

どれだけ田舎も田舎。

途中から携帯が村に入るまで繋がらなかった。

やっとたどり着くと、既に数人の客が準備に忙していた。


子供は娘だけ。

今日の乗馬のコースは初心者用と中、上級者の2時間コース。



2時間コースにガイドと大人2人のグループに入れてもらい、一番後から出発。



BROKEN SADDLE RIDDING COMPANY の情報

Cerrillos, New Mexico
(505) 424-7774
P.O. Box 286, Cerrillos, NM 87010


http://www.brokensaddle.com/




「何か食べる」とボス。

「食べる所なんてある訳ないだろう!!

こんな小さな村で!!」


(Googleの地図でCerrillos,NMを見てください。)

「インターネットで見たら、レストランが一つあるはずだけど・・・・

と言って車で村を回る。

回るといっても道が3本あるだけで、ほとんどの家は小屋にちかい。

教会と元ホテルがあって、通りをはさんでバー、その隣に

アンテイークと書いた建物がある。

かなりアンテイークの店の建物もアンテイークで味がある。

残念なことに写真を取り忘れた。

「アタシ喉が渇いたから何か買ってくる」   とボスは車を降り、

バーではなく、アンテイークの店に消えた。

しかし10分しても店から彼女は出てこない。

「えー、何してるん!!飲み物じゃなくてアンテイーク買いに行ったのか???」

と独り言。

やっとドアーが開き、スプライトの缶を片手に車に戻った。

「ケッコー面白いのがある。古伊万里見たいのがあるけど

本物だったらすごい。 でも鑑定する人連れてこないと

分からない。」

「アンテイークの店で買ったスプライトは大丈夫か?」

「面白くないよ!!」

「じゃー、オヤージもスプライト買ってくる。」

と店に入ると

正真正銘のアンテイークおばさんが出てきて

「そこにあるからね、一本75セント。 他に用があったら

バーにいるから。」直ぐ消えた。



「それより2時間何処で待つの?」

「この先にマドリードっていう町があって、アーテイストの町だって。

映画のロケに使われた事もあるって。

ジョン トラバルタのワイルド ホッグって見たこと有るでしょ?」


「無い!!」

「喜劇でさー、中年のおじさん達がオートバイに乗って・・・」

「無い!」

「あっ、そーかー、私飛行機の中で見たんだ。」

「それより食べ物屋さんあるか???」

「こんどは大丈夫。」

とマドリードに向かう。

10キロ程行くと、道の両側にいわゆるギャラリーの類の店は出てきた。

一番まともな店の前に駐車し、町を少し歩く。




何軒かカフェ的小さなお店が有るけど、オヤージと同年輩と思える

ヒッピー達がタバコをガンガン吸っている

車の前の店に戻り、入ってみると奥にグリーン チリ スープとか食事の看板。

「犬がいるんだけど、食べられる?」

と聞く。

「外のテラスなら大丈夫です。」

テラスにココを連れてテーブルにつくと、オヤージから町半分、

ボスの方からは逆の半分が見える。

すると大きな犬がココの所へ来てナンパしてきた

ココはその犬のお尻の匂いをかぎ始めた

「ヤッパリナー、お嬢さんに育てたかったんだけど、DNAだな

Sさんのケリーちゃんとか、ランデイーの所のテッシーはお嬢さん

犬だけど!!!」

「ココ、やめなさい!!!!」

「だめだ、DNAだ。」

「誰のDNAだかはっきりして!!!」icon197

「・・・・・もちろん、おれのだ。これでいい?」face03


「当たり前でしょ!!!!!」


「しかしこのグリーンチリスープいけるなー。

旨い。

けどこれだけじゃ足りないなー!」

「娘が終わったら又何処で食べようよ。」

とさとされ、町を歩き出す。


町のはずれにアカ トンボと看板が出ている。



「あれー、日本人がいるのかなー?」

店の前におじさんがいるので、

「この店は日本人がやっているの?」

「ノー、看板に書いてあるようにキューバのアートだ。」

「ヘー、赤トンボって日本語で赤トンボだよ。」

おじさん全く興味を示さない。

「あんたたち、この町に長くいるの?」

「いや、もうすぐ出るけど?」

「なんだ、いるんだったら向こうで宝石屋が有るんだけど、

安くしてあげるけど。」


ジョークで 

「ここでお金を使うとテキサスに戻るガソリン

を買えなくなるから。」

と答える。

おじさん、相変わらず興味を示さず、横を向く。



町の一角に劇場とある。

ボスによると有名なシンガー達がコンサートをここでしているそうだ。

でもアメリカのアートとはあまり仲良く出来ない。

結局まともなアートギャラリーは車を止めた前の店だけだった。





娘を迎えにいく。

インデイアナから来たカップルとガイドさん。

インデイアナからのカップルは自分の家に馬を持っているそうだ。

インデイアナはまだ寒いので春のバケイションに来たそうだ。



娘をピックし、これからS氏が住むエルパソへ向かう。




ーーーーーーーーーー

帰宅後 ジョン トラボルトのワイル ホッグス(WILD HOGS)のDVD

を借りてみた。英語がよく分からないけど、多くの人が経験する「中年の危機」

を扱った喜劇。
  


Posted by テキサスバーガー at 14:10Comments(0)

2009年04月02日

ドライブ 4,000キロの旅(6)

そういえば昨日のランチのチリーバーガーの後、

バンダリアー 州立公園*(注)に行ったのを忘れてた。

(Bandalier National Monument)

http://wikitravel.org/en/Bandelier_National_Monument




サンタフェから約車で1時間、

北東の位置にLOS ALAMOSという市がある。

ここにはアメリカの原子力研究所があり、最初の原爆がここで開発

されたところである。

この市に隣接してバンダリアー州立公園がある。



バンダリアーは西暦1,200~1,400年

くらいにアメリカ インデイアンが岸壁に横穴住宅を作り生活した遺跡。




我々が公園の入口に着いたのは3時半だった。

入園料12ドル(と思う)を払い、

道を進めるけど前にも後にも車を見ない。

高さ100~200メーターくらいの岸壁で囲まれた盆地に車で降りていく。



「もしかしたら今時ここに来るのは私たちくらいじゃない?」とボス。





ところが車は盆地に入り、ビシターセンターの前に来ると駐車場は一杯。

「犬は遊歩道にいくのは禁止」の看板。

遺跡の地図を見ると遊歩道一周約3キロ弱。

ウエスト100センチ近くなったオヤージには丁度良い距離。

空は真っ青。




岸壁は砂岩のように柔らかい岩。

そこに人がやっと寝そべる事の大きさから、8畳くらいの大きさの横穴が

沢山彫られている。

いくつかの居住跡がはしごで上ってのぞいたり、入ったりすることが出来る。



「のぞき」が合法的に出来るなんてめったに無い。

喜んでオヤージ「のぞきはしご」を駆け上がる。

後でボスは「はしご」にへばりついていたという悪意のコメント。

中に入って外も「のぞき」をした。



穴部屋の中は涼しい。 

ただ冬は寒いだろう。 どうやって厳冬をすごしたのだろう?

現代に生まれてよかった。



写真上: 盆地の底にあるKivaの跡。(セレモニーのための集会場らしい。)


横穴居住跡のある岸壁を見て回り、盆地の底に来ると道がセンターに戻る方向と

逆方法に分かれる。

逆方向は本格的ハイキング、キャンピング場の方へ。

オヤージは勿論センター方向。

春の日差しが小川にあたり、澄んだ水の底で小さい青い光を反射している。

川辺に降り青く反射する石というか砂をしゃくうと、透き通る水晶の小片

のようだ。





空はまだ真っ青。




飛行機雲をだしてジェットが公園の上を飛び去った。

ジェットの旅は早くて便利だけど、こういう自然に勝手気ままに触れあう事は

できない。

一周約1時間半~2時間、

日ごろのオコナイがいいので、天気にも恵まれ、丁度良い大きさの公園だった。

さあー町に戻ってビールとワインだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注 州立公園、国立公園、ナショナル モニュメントの定義

  バンダイアーは”National Monument”と出てくる。 管理は連邦政府の 

  国立公園管理局がしている。 

  しかしインターネットで検索するとここは「州立公園」として出てくるので、

  これらの定義についてはオヤージは深く追求はしないことを許してくだされ。

  
  






  


Posted by テキサスバーガー at 12:02Comments(0)旅行