2009年07月31日

燻製ビール



例の中華レストランに飲み物持参で行く。

オヤージはアサヒのスーパードライ。

ランデイはSHINER

「これ何?」

「テキサスの地元ビール」

ビンのラベルを見ると

「燻製」と書いてある。

「燻製?本当にスモークの味がするの?」

「うん。」

オヤージ、アサヒをグット前に押し出し、

その帰りにSHINERを手前に持ってきて、

「取替えっこしよう。」

返事が来る前に栓を抜き、

グッと一口。

「やー、本当にスモークの味がする。」

結構いける。

以上地元ビールの紹介。
  


Posted by テキサスバーガー at 16:13Comments(0)グルメ

2009年07月30日

ニューハーフ



ルイドーソーで馬に乗せたけど、走ることが出来ない山だったので、

不完全燃焼の宇宙人2名。

二人を満足させる為、リストされた乗馬クラブにかたっぱしから

電話を入れる。

ほとんどが留守番電話。

「宇宙人2名、両者とも乗馬経験あり。惑星に戻る前に

馬で走りたいという希望をかなえて。」

とメッセージを残す。

一つのクラブより  「宇宙人の希望かなえる。」

という返事あり。

翌日、 Bonito Lake の途中にあるというクラブへ行く。

向かえてくれたのはイヌ。

乗馬だけでなくケンネルをしているようで20匹くらい大きなのが

囲いに入っている。

囲いに入っていないのが2匹。

人懐っこい。


写真のイヌは狼とアラスカン マラミュートとのハーフ。 (Alaskan Malamute)

目の色はガラスのように透明に透き通っていた。







もう一匹怖そうなのがベタベタしてくる。




この2匹、人の後ろからケの穴にドーンと鼻を突っ込んでくる!!

本物のハーフか?








  


Posted by テキサスバーガー at 15:13Comments(4)ペット

2009年07月29日

花 3


ルイドーソーからCloudcroftという町に向かった。

この町の一番高い標高は2,700メートル。

長袖を用意して目的地に。

田舎道244に入ると道の両側にはアザミの群生が続く。




「ワー! マーケットで3本 $6で売っているから、ここはすごい!!」


「それだったら、ミリオネアーになれるじゃん!」

アザミが減ると、黄色い花の群生。



途中で車を止め休むと



トカゲが娘とイヌに見つかり追いかけられていた。


Cloudcroft(クラウドクロフト)に着いた。

町は2-30軒の小さなお店が並び、二人組みのUFO人は人間のオバサン

達に負けないくらい頑張った。

  


Posted by テキサスバーガー at 16:13Comments(2)旅行

2009年07月28日

花 2

ホテルの周りがウオーキング トレイルになっている。

朝イヌの散歩に出ようとしたらボスも歩くという。

歩く事が嫌いな人。

「どっかおかしいの?」

「だって涼しい朝なんて久しぶりだから。」

トレイルに出ると野草の花が沢山さいている。



花の名前: XxXxXx



花の名前:*****



花の名前:AbcdEfg



花の名前: 白い花じゃないかなー。




花の名前: リンドウ似



花の名前: 白い花2じゃなかなー。



花の名前: 雑草花



花の名前:雑草花2だ



花の名前: タンポポ  


Posted by テキサスバーガー at 13:13Comments(3)旅行

2009年07月28日

誕生会

今日は女の子二人の誕生会の予定でした。

ランデイのクラブのプールで計画をしてたのですが、

朝から雨と雷が・・・・

ボスは「可愛そうだけどキャンセルしなさい。別の日に。」

でキャンセル。



ルイソドーから早く戻ったのは日本からの友達の

誕生日を家ですると言って、友達のは既に一度

したので、楽しみにしていた娘は・・・・・・・・・




友達はより海の幸を




家で取れたバジルがキッチン中香りを振りまいていた。





今日は当たらず、触らずの一日!!
  


Posted by テキサスバーガー at 01:08Comments(2)グルメ

2009年07月27日

海外へ行くと紫色の花が多い気がする。

Ruidosoのホテルにも紫の花が。





花の名前: xxxxxx



花の名前: 蜜蜂に聞いたけど返事が無かった。  


Posted by テキサスバーガー at 15:13Comments(0)旅行

2009年07月26日

お宝写真

夕方ホテルに戻り、車のドアーを開けたら

ハミングバードが50センチくらいの所に咲いている

花の蜜を吸っているのに遭遇。

「アッ!!!ハミングバード。

カメラ、カメラ」

と娘たちに叫ぶ。










オヤージの安カメラではぼけていた。

娘が取った写真ははっきりと取れ、お宝写真だ。  


Posted by テキサスバーガー at 16:01Comments(3)旅行

2009年07月26日

ギャンブル好き

朝5時に片側一車線の国道380を850キロ真西に。

途中ガソリンとかUFOに惑わされ、9時間後に

標高2000メーターのルイドーソーに着く。

町の入口に




競馬場があった。


ボスが

「木曜日にレースがあるから木曜にホテルの取ったつもりが、間違えて

違う日を予約して見れないかと思った。

ネットでボックス席が予約できるの、$20で!

しとけば良かったね!」

「良くないよ!!!!!!」

とレースの準備をしている競馬場に入る。

「カジノもある!」とボスは興奮気味!

「子供がいるからカジノはだめ。」

「馬券かえるのかなー??」

「馬券もダメ!」




レースは一番外れた所からスタートし、観客席の前でゴール。





目的地に入る前に破産するところだった!!!

  


Posted by テキサスバーガー at 13:13Comments(0)旅行

2009年07月25日

UFO - 2



UFO博物館の前でボスにUFOの格好をさせられた二人。

1947年にUFOが墜落し、宇宙人と飛行物体を軍隊が持ち去り、

翌日に現地軍隊より

「UFOと宇宙人」が墜落したと報道された。

ところが直ぐにワイントン(首都)の将軍より

「飛行物体は秘密気球」であるとのUFO否定発表がなされた。

そして本当に何が墜落したのかアメリカ政府は秘密にしてきた。

この小さい町はUFOだった事を宣伝し、観光客を呼び込む事

以外、何も無い殺風景な町だ。



5ドルの入場料は高いけど、日曜とあって人が多い。

新聞の記事、いろんな写真、想像図が体育館的建物を区切って

壁にゴチャンマンに貼ってある。


エイリアンとUFOの墜落現場の想像図。



墜落したのはUFOだった事を証明する物的証拠は



が「UFOの破片と言われる」くらいか。


オヤージの目に付いたのは1947年7月に昔のタイプライターで書かれた

ある手紙。

それは地元軍隊の将校から、UFO墜落を目撃したという市民宛。

「あなたが目撃した墜落する物体と同じような物体を、アリゾナ州フェニックス市

で目撃した人がいます。

その人の目撃した物とあなたの目撃物体の情報を比較するするために

あなたにお聞きしたいので、迎えの車をだします。

(軍の飛行場から更に何処かに行く様な内容だったと思います)

協力してくれます事を感謝します。

ただし日当はでません。」



さー、目的地ルイドソーに向かわなくちゃ。

えー、本当にUFOはいるの???ですって?

モチロンいますよ。

最初の二人写真は3代目宇宙人!

  

Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(5)旅行

2009年07月23日

UFO

子供達を連れてアーカンソー州にカヌー、つり、乗馬の遊びに行こうと計画していた。

ボスが「何も暑い所へ行かなくてもいいよ。」

「ジャー何処に?」

「ニューメキシコのルイドソー。標高2000メーターで夜は10度位に

温度が下がるから。」

という事で目的地は変更された。

車で11時間の予定。

ルイドーソーの手前にロスウエルという町がある。

ここは1947年7月にUFOが落ちた事で有名だそうだ。

多くのアメリカ人はこのUFOが本物だと思っている。

旅行から帰ったら報告の予定。

ウキペデイアによるロスウエルのUFOの説明。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%BA%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6  

Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(2)旅行

2009年07月22日

州立公園



乗馬を終える時間に迎えに行くと、娘たちはまだ戻っていなかった。



汗をかきながら戻ってきた。

モニカが

「ここから直ぐの所に州立公園に砂浜のビーチがあるよ。」

と教えてくれた。

元気が残っている二人が行くというので向かった。



ウイークデイなのでビーチに来ている人はほんの少し。



直射日光にいることは耐えられない。

35-6度で昨日に比べたら3-4度低いけど。


屋根つきのテーブルが用意されている。

日陰にはいると風があって気持ち良い。

おにぎりを食べ始めるとリスが出てきた。

娘の友達がぶどうを投げると近くに寄ってきて、

皮を上手に剥いて食べ始めた。

  

Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(3)旅行

2009年07月21日

ダウン タウン 2

パイロット ポイントのダウン タウンに一軒だけ

元は立派な建物がある。



ギャラリーとして今は使われている。



ギャラリーギャラリーオナーのWes Miller氏の絵。

氏によると建物は1896年に建てられた。それを30年位前からギャラリー

に使っているとの事。

壁は少し崩れても天井が高くてギャラリーに最適。




古い鉄のストーブ。 味がある。



人気女性アーテイストの作品。

ぼすは彼女の大きいのを気に入った。 危ない、あぶない!!


Millerさんは「秋に又いらっしゃい。庭もキレイになるから!!」





外からは見えない所に多きデッキと裏庭があった。

さびれた町の景色とは反対に緑が多くて優しい庭だ。



この店で一番高い絵。 $10,000.



おまけ。




  

Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(3)旅行

2009年07月20日

ダウン タウン

パイロット ポイントのダウン タウンに。

町の中心地は片側に5-6軒、もう片方に5-6軒い店が

L字型に。

でも店の半分は閉まっているか何も入っていないさびれた

街だ。




上の店の並びの中にモニカが教えてくれた

”J’s Caffe”があった。

店は骨董品というか古いメモラビリアが一杯所狭しに並べてある。



好きな人にとってこういうのはたまらないのだろうけど、食物しか興味のない

オヤージにはガラクタ市の中で食べるような感じ。




コーヒーはコーヒーの味がしないけど、

出てきたブレックファーストは旨かった。

もう一つおまけに店の中の写真



これは昔のレンジだと思うけど、足元にシビンが有った。

もしかしたらサッキまで隣で食べていたお爺さんが置いていったのかも。  

Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(3)旅行

2009年07月19日

フォー シズンズ リゾート



ダルスの隣接の町アービンにあるフォーシズンズ リゾート。

ここの2つのゴルコースの一つ ラス コリナス ゴルフ クラブ。 

ここは隣にあるもう一つのコットンウッドズバレー ゴルフ クラブと 

PGA ツアー バイロン ネルソン トーナメントの行われるコース。

丸山シゲキ氏が優勝したクラブでもある。


今ブリテイッシュ オーペンの最中。

石川君もタイガーウッズも予選落ち!

しかしここに新星が誕生した。




夕方  6年ぶりに ゴルフ。

 
昨日の昼ランデイから電話でドライビング レンジに行こうと電話があった。

彼が娘にレッスンをしてくれるので、OKし娘の友達も一緒にレンジに向かった。

その途中でまた彼から電話。

「悪い悪い!! 人が来る約束を忘れていた。」

「OK,OK. 娘たちに棒を振り回させて体力を使わせるから。」

翌日又電話があり

「今日はOKだ。」

彼の昼休みにレンジで落ち合い

34度と少し低い気温の中2バケツずつゴルフ ボールを打った。


一発も会心のあたりは無かった。

「もう、ゴルフコースへ出ても大丈夫だろ?」

「自信はないな~。 何せ6年やっていないからなー!!

ボールを打っていて、どうスウングするのか思い出せないじゃ。」

「手はどうだ?」

「春先まであった痛みはないけど・・・

あと2-3回レンジで練習してから再デビューにしたいな。」

「OK.」

と別れ家に。 シャワーを浴びて涼んでいるとボスが娘たちと

戻ってきた。

「ゴルフ行く??」

「どういう意味?」


「ランデイの奥さんが夕方から9ホール行こうと誘ってくれたけど

私は娘たちを連れて買い物に行くから、ゴルフは出来ないの。

奥さんに電話したら。」

「OK」


「ハロー、オヤージだけど9ホールのゴルフの招待受けるよ!!」

「あっははー。 じゃーランデイを連れて行くから、後で家に来て。

一緒に行こう。」

彼女が笑ったのは、今日の昼に200発ずつ打ったのをボスから聞いてたから。


彼のメンバーのクラブ。

4時15分にブルー テイー オフ。




6時前には9ホール終了。

オヤージのスコアー46


ランデイーと同じスコアー。

「6年ぶりのお前と同じスコアーは許せん!

もう9ホール行こう。」

「受けて立とうじゃないか!」



彼は49.

オヤージ 50.

二人ともフルスイングがモットーのゴルフ。

240-50ヤードのドライブが2本、

フェアウエーからの210ヤードの5ウッドが1本。

6年ぶりとしては上出来の上!!!

ただしアイアンの飛距離が落ちた!

年か?????



ブリテイッシュ オープン 来年は心配ない????




  


Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(2)旅行

2009年07月18日

馬好き





朝7時前に家を出発。8時チョット前にクラブに到着。

娘と友達は2時間、湖の周りのトレイルへ。




昨晩3時半まで本を読んでいたオヤージ、ただ、ただ眠い。

2時間時間つぶしの為、モニカに聞いてパイロットポイントの

”ダウンタウン”に朝食を食べに行く。
  

Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(0)旅行

2009年07月17日

奇遇な出会い


数日前に下見に行った乗馬クラブへ。

クラブでは既に2等の馬を用意して待っていてくれた。



クラブのモニカが皆を迎えてくれた。

モニカはスペインのバルセロナ出身。

なんと日本語を5年間勉強したと外国人のアクセントの無い日本語が

出てきた。

ダラスから60キロ離れた田舎で日本語が上手な人に巡り合えるって

奇遇だ。

世界が小さくなっているのか?

  

Posted by テキサスバーガー at 14:18Comments(2)旅行

2009年07月17日

出世





「あのさー、あそこのアウトレットに行きたいんだけど

付き合ってくれる?」

ボスは友達にその近辺に一人では行ってはいけない

と言われている。

頼りないボデイーガードだけど、いないよりましらしい。

店まで20分くらい。

クレート & バーレル と生活用品の店。

「アー、ワイングラスを沢山買わないと。」

「ここじゃなくて、普通の店で買ったら?値段は同じだから。」

「ふーん、分かった。」

とオヤージの希望は棄却。

「何買うの?」

「キッチンににんじんの切りかけをお茶碗に入れてるでしょ、

お茶碗じゃ可哀想だから」




「こんなに可愛いとは考えても見なかったけど、」

「にんじんは可愛くないし、コリアンダーは悔しい! 店で買ってきた

のには根が付いていて、それだ簡単に伸びるなんて!!!

地面に植えたのじゃないと可愛くない。」

「・・・・・・    」 無視される。




「ねっ!可愛いでしょ!」

ボデイーガードはワイングラスを却下された事に心に傷ついた!!!


  


Posted by テキサスバーガー at 12:11Comments(0)旅行

2009年07月16日

再会

今晩日本からカレープリンセスのお姉さんが遊びに来る。

飛行機会社から到着が遅れると連絡がボスにはいった。

一応ダラアス国際空港のホームページの案内に行って

確かめた。

約30分の遅れだ。

「30分の遅れだ。彼女は疲れているに違いないね」

「何時に家を出る?」

「9時に出れば余裕十分だよ。」

8時40分に夕食をボスが準備し始めた。

もう一度案内を見ると予定道理に戻っている。

「あっ!!!もうでないとダメだ!!!!」

と料理途中で家を飛び出す。





待つこと20-30分、元気な彼女が着いた。



ガウーガール(Cow Girl)の帽子を買っていた娘から友達へ。

イヌのココが大喜び。

ココに取って娘のランクは一段階下がった。  


Posted by テキサスバーガー at 12:19Comments(2)旅行

2009年07月15日

アメリカン 


食いしん坊のオヤージにとってこっちは色々嬉しい事が多い。

その一つはハムの量り売り。

マーケットに行き好きなハムを目方で買う。

フレンチ ブレッドも一緒に。

ところがパンは失敗だった。

ボスが

「スライスしてバタートーストしたら何とか食べられると思うよ。」




朝目が覚めると、同時にお腹が減っているというより

お腹が減って目が覚める。




トーストを始めるとココが下に来て見つめている。

しかしこれはオヤージの分。

誰にもあげない。





深い緑が茂るバジルの葉を裏からちぎってサンドイッチに。

満足、満足!!


  


Posted by テキサスバーガー at 11:22Comments(0)グルメ

2009年07月14日

別荘

娘の友達が日本からやってくる。

共通点は乗馬だ。

約3週間一緒に過ごしてくれるので

ダラス近辺の乗馬クラブをさがす。

いくつか見つけた中で湖の周りを1時間から半日乗って

楽しめるクラブを見つけた。

早速娘とボスと見に行く。

車で1時間くらいのパイロットポイントという町に。

途中広々した牧場に馬が沢山。

「アーいいな!!!こっちに引っ越せないかな?」

「何もないよ。」

「馬が沢山いるよ!」

「うへっ。」

「ここだったら学校に馬で通えるよね!」

「・・・・・・」



Balck Mustng Ranchというクラブにいくと

優しいおじさんが出てきた。

色々聞く。

「1,1時間半、2時間コースがあって湖のまわりを行くよ。」

「この子は1日乗っていたいのだけど、もう一人の子の

体力があるか分からないので、多分2時間コースを

最初に取ってOKだったら次はもっと長いコースできる?

4-5時間のコースがあれば我々どこかでゴルフをして

終わった頃に迎えに来たいのが本音だけど。」

おじさんニコニコして

「平日だったらできると思う。もう一人の人がトレイルの係

で、今昼食に出ているから予定が決まったら電話で話してください。」

「それじゃー、日日が決まったらここに集合すればいいの?」

「いや、ここから湖の方へ少し戻ったところにLANATAリゾートがあるから

そこで落ち合う事にようにします。」

「了解、来週になったら電話します。」


とランタナ リゾートを覗いて見ることに。

くるまで5分もしない所に。




ロッジのは湖を見下ろす場所に立っている。

レストランで遅い昼飯。

「わー、日本にいた時みたい。」

海辺のマンションにいた時を懐かしむ娘。

外は35度。

でも乾燥しているのでのガゼボ(小屋)日陰に入ると風が心地よい。



たった60キロくらいの所にこんな気晴らしができる所があった。

今月2-3回は戻ってくるのが楽しみだ。

夢の夢だけど別荘がこいう所にあったらいいな!!  


Posted by テキサスバーガー at 12:25Comments(4)グルメ