Posted by at

2009年12月30日

ダラス美術館

クリスマスが明けると青空。

でも気温は4~5度が最高気温。

「家でゴロゴロしてるのはもったいないなー。」

「ジャー何処か行こうよ。」

とボス。

ウインドーショッピングにつき合わされるのは警戒する必要だ

と考えていると

「美術館へ行こうよ。娘も行った事が無いし。」

彼女は日本人のボランティアーの方が美術館で、

時々絵画について講習をされていて、この講習に参加している。

その為に家族の年間パスを購入してオヤージにもパスをくれている。

ダラス市は個人的に裕福な資産家が色々な芸術家活動を支援している。

この一角は美術館だけでなく、交響楽団のコンサートホール、バレーダンスの

為のビル、アシアン美術館等々のビルが集中的に建設されている。

もちろん、オヤ~ジの普段の生活とは縁遠く、美術館に入るのは初めて。




車で家から15分位。

駐車場には派手なゴッホ展の宣伝の車があった。(何時あるかは知らないけど。)

美術館の入り口でパスを見せて中にはいるといく組みかの日本人の人達も。

どこをどう回るか地図を娘がピックアップしてくれたけど、字が小さくて読めない。

「読めないな!!!」

と2人の後について回る。


すると

「お腹がすいたからお昼してからゆっくり回ろうよ。」

「大賛成。腹が減っていては美術は理解できないからな。」

レストランは休み、1階のカフェでオーダーした

フレンチ オニオン ステーキ サンドイッチ。




パンをもう少しトーストしてくれてったら申し分ないサンドイッチ。



娘は四角いピッザ。

腹ごしらえをして美術館内をうろうろ。

中世の西洋画はホトンドが宗教画で興味はわかない。

あるセクションではアメリカインディアンの1000年前くらいの土器が展示されて

いる。

中には現代的なデザインであったり、七面鳥6羽がムカデを襲っておるデザイン

を見つけ一人でニヤニヤ。

隣にはギリシャ時代の2,500年前の壷。



壷の白い箇所は人間等の姿を白い大理石(だと思う)の埋め込み。



こういう美術品と言うか、、骨董品と言うのか分からないが年代を同じように

経ているオヤ~ジには分かりやすい。

また美術館の周りは夜になると閑散となる。

居酒屋さん的お店が沢山ある所にこういう施設を作れば、オヤ~ジたちの

利用価値は高まるのに!!機会があったら市に提案してみよう。  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(0)グルメ

2009年12月29日

クルミパン

知り合いがクルミパンを作ってくれた。

ドウにベーキング パウダーを混ぜて30センチ四方の四角の

生地を作った。

それにクルミを細かく砕き多分練乳をまぶして包んだ。

オーブンで発酵させてから焼いた。



香ばしく美味しいパンでした。  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(2)グルメ

2009年12月27日

クリスマス ディナー

プライム リブ。

一週間冷蔵庫で寝かせた。

ついに火に入れる日が来た。

25日だ。

もう一度ブックマークしたレシピを見る。

使おうとしたレシピを読み直すと、気がついた。

直接火にあててローストすると入れ物の下にたまる肉汁が無くなってしまう。

もうひとつのレシピは肉をカバーして蒸す状態にするやり方。

このやり方は表面に焦げ目が入らない。

そこで2つ一遍のやればそれぞれの良い所が出来るに違いない

と考えついた。



(写真はローストの出来上がり)

しかし苦難の道のりだった。



熟成した肉の塊を糸で縛る。(変な事考えるなー!!)

その次は両きり端を解かしたバターを塗る。(乾かないように)




最初のレシピは野菜を入れず、このままオーブンに入れる。

高温で15分、表面に焦げ目を入れた。

その後温度を下げてローストするのが最初のレシピで、これが一般的。

所がオヤ~ジは15分後、アルミで密封して温度を下げてローストを開始。

出来上がりは100分後の予定だった。

アメリカの普通の家庭のキッチンには大きなオーブンが2台上下に

備えられている。

プライム リブを下のオーブン、上にはポークリブを入れた。



肉の真ん中の温度が50~52度位になっていなければならない時間だ。

しかし温度は全く上がっていない!!!!




うちのオーブンが老朽化して2台同時に使うと、セットした温度に

上がってないようだった。

ここから苦労の道のりが始まった。

あまりにも苦労がきついので、肉汁のジュースを作るのに買ってきて

おいた大瓶ワインのコルクを抜いた。

ケッケ、ッケ!!!

料理に使うのはもったいない!!!!

とグイグイと行く。

ワインは効いた。 そのおかげで1時間以上、

肉の温度を何回もチェックしてやっと52度に達した。
(50~52度 レアー、 55~57度 ミデアムレアー)


そして肉を取り出し暫く寝かせてから骨を落とし、めいめいの好みに

切る。

待つ間、肉汁ジュ-スにとっかかる。

レシピではコップ一杯の赤ワインとビーフストックを加えて半分になるくらいに

煮詰める。

がサービス精神旺盛なオヤ~ジは赤ワインをどぼどぼと入れ、

味見をして更にどぼどぼ。



肉の骨を落として切り始める。


ラビオリ、インゲンにローストビーッフ。



肉汁は明らかに赤ワインの色を留めていた。

しかし自分が期待した以上に好評なプライムリブのクリスマス ディナーに
なった。

夜遅くまで笑い声が続いた。











  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(4)グルメ

2009年12月26日

ホワイト クリスマス

昨日は24度も有ったのに、

クリスマス イブは粉雪。




今年はランディの家で2家族だけでクリスマス イブの食事。

メインはロブスター。

朝2人でH マートの開店前に行き、今日の朝届くはずだった

活きたロブスターを買いに行った。

店に入り一直線でロブスター売り場へ。

水槽は空!

ゆでたロブスターも無い。

メキシコ人の店員に聞く。

「無い。全部売れた。」

「そんなこと無いでしょ。今日入荷するから朝一番で来いって言ったでっしょ!!」icon197icon197

先日エルパソから1,000キロ運転してここのショッピングモールにある韓国人の

美容院に行きたいというボスの友人の為にボスが

「土曜に」 予約した。 友人は到着して美容院へボスといったけど予約は入っていなかった。

隣で予約の電話をオヤージは聞いていたから、こっちの間違いではないのは確か。

店員さんはよく英語が分からないのだった。

ロブスターの入荷は前日だったのだ。



冷凍ロブスターをほかの店で見つけ、今晩のデイナーが間に合った。

ジャガイモとアスパラガスをプロシュートでまいたガーニッシュとロブスター。

静かなホワイト クリスマス。

娘はギター、





オヤージはゴルフクラブをプレゼントに!!



ランディは

ホワイト クリスマス
ブルークリスマス
サイレント ナイト

を歌ってくれた。  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(3)グルメ

2009年12月25日

焼き鳥のたれ



理由は後にして、焼き鳥が食べたくなった。

「レシピ 焼き鳥のたれ」


で検索したら、元お店で作っていたタレというのがあった。

醤油    おささじ 5
砂糖    おおさじ 3
酒     おおさじ 1
ミリン   おおさじ 1

という割合で、鍋でゆっくりと煮詰める。

結果は最高の焼き鳥になった。






理由はあまり面白くないから読んでも読まなくても。

2-3日前にボスが日本食食べたいというので、ネットで近所の

日本食レストラを見つけた。

日本人オーナーと日本人シェフ、20年以上その場所で開業でいている

とあった。

お酒は旨い。

でもボス 「何で普通に料理できないのかな~??」

娘 「茶碗蒸し  はきそうー!!」

「どれどれ、 ゲーッ!!!」

「入っているものはちゃんとしているけど、スープが砂糖水だよ。」

適当な料理で通うちゃうから、日本食屋の質がどうしてもいいとは言えない。

これがカルフォルニアとかニューヨークだと店同士の競争もあるし、味の分かる

人も多いから質の高いレストランが残っていくのだと思う。

「味の追求じゃなくて、利益の追求しているのね。」 とボス。


結局、家で普通に料理したほうが旨いのが食べられる。

それで焼き鳥を試したら正解!!!

ワインからテキーラまで進んでしまった!!

タレのレシピをネットに載せてくれた方へ感謝!!!
  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(0)グルメ

2009年12月24日

ロコモコ?





案の定、学校が休みだと朝が遅い女性群。

背中がくっついているのだ。

昨日の夜はエビをゆでて入れたサラダだけだった。

しっかりした朝食しないと栄養不良で倒れそうだ。

キッチンに真っ赤なシクラメン。

どういう訳かハワイのロコモコが懐かしくなった。






ハンバーガーのパティーは無いのでソーセージで。

卵を焼いて。

日本人の心を忘れていけない。

タクワン。

松前漬けを載せて。



正しい朝飯だった。

背中はお腹から離れ、落ち葉掃除に取り掛かる。

「明日、嵐が来るって。その後に掃除したら。」

とボスは優しく言ってくれた。(10年に一回)

しかし自己流ロコモコの力は止められない。

1時間半かけて枯れ葉を片付けた。


家の中に入るとボスが

「アハッハ、ハー!!」

強風が吹いて一瞬にして庭は枯れ葉で埋まった。

でもイイノダ。

正しいことをした後はスガスガしいのだ!!!

日本の政治にすがすがしさが無いのは、正しいことをしてないからだ!!!!

  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(0)グルメ

2009年12月23日

遠くて近い帰省



ハムスターのマイリーです。

先週で学校が終わり、金曜の夜娘の友達が連れてきました。

翌日の土曜日に家族でメキシコに帰省するのでうちで預かるのです。

「あす、何時の飛行機で?」

友達のお母さん

「飛行機でなく車で。」

「そー、何処までいくの?」

「メキシコ シティーまで」

「えー、何時間掛かるの?」

「20時間。 10時間運転して途中、兄弟の家で一泊して

また10時間運転するとメキシコ シティーにつくわ。」

往復だと4-5千キロ。

オヤージはこの一年で焼く4万キロ走ったけど、1回の旅行でこの距離。

家族4人とペットのチワワを連れての帰省。

「運転気を付けて、それにハッピー クリスマスを。」





ところがサー大変!

ハムスターはねずみ。

犬のココの天敵。

ヨークシャーはもともとねずみ取りように飼われた犬。

届かない檻にいるマイリーを狙っています。

マイリーの無事も祈ってます。
  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(3)グルメ

2009年12月22日

朝飯

週末の朝はつらい!!!

女性群は起きてこない。

朝飯を用意しなければならない。

今日は特にお腹が減ってたまらない。

目がまわりそう。

冷蔵庫から残り物を。



トーティヤを暖めて

卵をスクランブルにして

生ハムと

ピクルス

チリに

それにホースラディッシュ ソースを巻く。


何でメキシコ料理は日本でははやらないのだろう?

2本目も旨かった。

  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(2)グルメ

2009年12月21日

プライム リブ ロースト ~1



「じゃー、25日の夜はロースト ビーフを作るよ。」

とランディに伝える。

「ソー言えば最初のワイフは最高にローストビーフが上手だった。本当に旨かった。」

「インターネットにレシピを見ると、いい肉を使えと書いてあったけど。」

「いいや、肉は普通ので充分だ。レシピが大事なんだ。」

「じゃー、最初のワイフの電話番号教えてくれよ。」

「・・・・・・・・・・・・。」

「教えてくれないんだったら、息子に聞くから良いよ。」

「良い肉使えよ。」


という訳で良い肉を5キロかって来ました。 10人分位。

彼の最初のワイフのレシピは入手出来ず、ネットで見ると

7~10日間冷蔵庫で寝かせろ有りました。

25日まで寝かしておきます。

  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(0)グルメ

2009年12月21日

クリスマス プレゼント

<ママはクリスマス プレゼント、何が欲しいと思う?>

と娘。

<わからないなー>

<iPhoneは?>

娘が欲しいのである。


オヤージには何が欲しいか聞いてくれない。

数日前に欲しい物をリストしていたけど無視されている。

「オーイ、夕方新しいゴルフ クラブが来たので店に試し打ちにいくぞ。

一緒に来るか?」とランディから電話。


断る理由はない。

PGAが経営する店だ。




店では試し打ち出来るスペースが5-6人分。

大きなスクリーンに向かって打つと距離と方向性が出てくる。

ランディが新しいアイアンを打ち出すと、顔面が一瞬に緩む。

幾つか打って、

「お前も試してみろ」と店のプロに頼む。

「前に来た時、7番で120ヤード飛ばないってたよね?」

「うん、でもあれから全く練習してないんだ。」

プロはクラブを選び

「これで試してみて。」

6番を手渡した。

真っ直ぐに飛び165ヤード。

「あー、元の距離かな。 でもこの測定ってどれだけ本番の時と比べて

正確なの???」

プロはこの設備がどれだけ実際の飛距離、方向について説明してくれた。

「こっちのクラブにしてみ。」

と同じ6番だけどヘッドのロフト角度を変えた。

打つと、プロは

「あー、ど真ん中だね。」

とスクリーンを見ると真っ直ぐだけでなく

188ヤードと出ている。

「幾ら?」

「今セールで一本$100.」

「と言うことはセットで$800って言うこと?」

「いえ、必要なクラブだけ、例えば5~9番だと$500ですけど。」

「あっ、駄目!!! 予算オーバー。 うちのサンタに殺されたくない。」

ランディ 「それだったらドライバーは?クリアランスで大きいヘッドの

でているよ。今お前が持っているのは100年前のアンテイークだ!!」

「違うよ、10年前のカスタムメイドだ!」

「10年も100年も同じだ。ファッション遅れだ。」


それでキャラウエーとアダムスのデカヘッドのドライバーを試す。

どっちで打っても188ヤード。

6番アイアンと同じじゃないか。


さっき聞いた測定器は正確なのが確認された。




アダムスを選ぶとプロは

「前にアドバイスしたように左の肩をスイングするように打てば

飛びますよ。」

彼を信じ、自分でクリマス プレゼント。

翌日レンジに行くが又しても閉鎖している。

気温1度。

実力はいつ試すことが出来るか?




  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(2)グルメ

2009年12月20日

本当のクリスマス



一枚の写真。

「かわいいでしょ!」と言って

ボスはかわいいポーセリンのフレームに入れ包装した。

写真には

優しい母親と2人の子供が楽しそうに。



母親は2人の子供を親類から引き取り養子にして、わが子として

女一人で育てている。

でも疲れ切っている。

涙も枯れ、全てが怒りに変わってしまうという。

疲れ切っている。

極限まで。

その彼女が写真のフレームを包みを開けた瞬間

涙がこぼれだした。

「ありがとう!!!!

私たちの事を思ってくれる人がいるなんて!!!

今年のクリスマスは最高のクリスマスだは。

忘れない!!!

メリー クリスマス!!!」


ボスも

「メリー クリスマス ツー ユー!!!」 

  


Posted by テキサスバーガー at 08:13Comments(3)グルメ

2009年12月19日

クリスマス ツリー

去年は引越しでツリーを飾る余裕がなかった。

今年はやっと間に合った。

でもツリーの下に贈り物が何時もだと置かれるけど、

どうなるのか??


  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(3)グルメ

2009年12月18日

クリスマス カード

12月にはいるともうすぐにクリスマス カードが届き始めた。

<うちも早い所カード作ってよ。>

とボスにお願い。

先日親類が撮ってくれた娘の着物の写真と家族の写真を

カードにしようと原稿をボスが作った。

<これでいいか見て。>

<おれはいいけど、誰かの顔が少し肥って見えない?>

余計なことを言ってしまった。

<えー、写真取り直さなければ。。。。。>

<だいじょうぶ、だいじょうぶ。 これでOKだよ。>

失言は取り消す事は出来なかった。

それから2週間近くたっても、まだカードを注文してない。

<あのさー、カード注文しないと間に合わないよ!!!>

<じゃー、夜写真撮ろうね。>



昨晩娘の宿題がプリント出来ず、今日提出しなければいけないというので

プリンターと格闘して夜中の3、4時に寝たので寝不足。

ワインが入って10時にはベッドで良い気持ちになっていると

<写真とるよー!!!!!>

と寝込みを襲われた!


<ねー、顔、肥って見えない???>

<きれい、きれい!!!最高!!!>
(クリスマス ツリーが)

自分は目が半分開かない。

娘、ココ(犬)、そしてボスの女性陣は良い笑顔。

というようなカードが2-3日したら出来上がる。


  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(0)グルメ

2009年12月17日

生ハム 独り占め 2

Sさん達がバスケットボールを見に出かけてから2時間ほどあとに

女性陣が買い物から戻ってまた夕食が始まった。



<すみません、主人と息子がわがままで!! 勝手にバスケット ボールを見に行って。>

<ぜんぜん、かまわないけど。 でも どっちがわがままかって言ったら、奥さんに敵わない

んじゃない???>

<えー。。。。。。。> とご不満のようだった、目的を達成した充実感がいっぱいだった。




生ハムをメインにトーテイヤに巻いて。




メキシコのチョリソーはペースト状。 Sさんは卵を入れて一緒にいためた。





メキシコのチーズを薄切りして、その上に辛くないと言ったチリ カルフォルニア

を乗せて、レンジでチーズをとろけさす。

それに甘くないチョコレート ソース モレも一緒に入れてメキシコの夕食

はにぎやかに。

  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(0)グルメ

2009年12月16日

生ハム 一人占め

<オヤージさん、 ハモ セラノの塊持って行くからね!>

と土曜の午後に1,000キロ運転してSさん我が家に見えた。

目的は奥さんがダラスの美容院に行くという事。 

でも本来の目的は奥さんの買い物。

案の定夕方奥方から電話で夕食は勝手に自分達で食べなさいという指示が飛んだ。



<これクリマスの時期しか塊を売っていないんです。半分持ってきました。>

<スペインのバーに行くと天井からぶる下げて、薄く切って出す本体だ。>

<スライサー有ります?>

<こういう物にお目にかかれることは無いので、スライサーなんて考えたこと無いなー>

<内は買ったんですよ!> と本腰が入っている。

<肉を切るカービングナイフはあるよ。>

と包丁とカービングナイフを幾つか用意したけど結局は一番でかい包丁が使いやすそう。

Sさんが生ハムに包丁を入れる。

<オヤージにやらせて!>

と包丁を握ると喜びと興奮で手が震えだす。

<手が震えてスライサー見たいに切れるけど、お店みたいに薄く切れないな!>

と切れ端を口に持っていく。

<OK,OKよ。 うま、うま、うまーィヨ!!!>






夜は生ハムとメキシコ食品で夕食をSさんが作り始めた。

チョリソーだけだと塩気が強いのでと卵を入れて炒めた。

それにチーズをスライスしてレンジで解かす。

<これはハラピーニョより辛くないチリ。これもトーティヤに入れて。>

と生ハムを切っている隣でチリの焼いた皮をむき出した。

<おっ、 あー!!! 目と鼻に来る!!!

辛そうー!!!>

<いえ、これはまり辛くないはずです。>

<なんて言うチリ?>

<チリ カルフォルニアですって>

いやしいオヤージはまたして切れ端を口に入れる。

<ケー!!!!! カレー!!!!!! 辛いよ!!!!>

Sさん違う切れ端を試す。

<アー、辛いのと辛くないのが混じっている。これは辛くない。>





以上を暖めたトーテイヤに巻いて食べる。

<もう時間だよ!> とSジュニアー。

<券買った?>

<いえ、アレーナに行って買います。>

SさんはSジュニアー連れてプロ バスケットのダラス マベリックスとノースカロライナ

ロケッツの試合を見に行った。

オヤージ一人で生ハム独り占め。

ケッケッケ!!!!



一人占めのハモ セラノ




  


Posted by テキサスバーガー at 12:45Comments(0)グルメ

2009年12月15日

一番食べたいもの

<明日の夜は一人で食べてね。私達は学校で食べるから。>とボス。


<よーしや、今何が一番食べたいかなー?>

結論は簡単にひらめいた!

ワンタン!!!!!

なぜだ?

理由はどうでも良い。 食べたいのだ。

<明日H マートに行って皮と生姜を買って来て、作って食べる。>

<材料買って作るより、食べに行った方が安く済むのに!>

<どこの中華のワンタンが美味しいか知らないし、量が足りないのだ。>


翌日ボスが出先から電話してきた。

<明日私がH マートへ行かなければならないから、今日はワンタンあきらめたら?>

素直すぎるオヤージは<はい>と電話を切る。

しかし昼時間になるとお腹の虫が

<ワンターン 食いたい!!!>

と騒ぎ出した。

誰にでも素直なオヤージ、15分後にはHマートで買い物を済ました。




上海ワンタンという皮の包装を取ったら

<しまった。冷凍で皮がくっついてはがれない。>

それでも無理に5枚ほどはがすが、後はガリガリに凍ってはがれない。

<レシピには1人前たしか30個って書いてあったとおもうけど。。。。

とりあえず5個でいいや。。。。。>

ホトンド日本酒の水にブイヨンを入れてスープを作る。

<えー味だ。> と5個を入れる。

<夜の試食や!!!>と口に入れると

<アチアチ、アジー!!!! うんーん、5個では味のコメントは不正確になるな。

やはり30-5=25個作らないといけないな!>

皮の真ん中が凍って剥がれない。

しかし伊達に長生きしているオヤージではない。

皮の真ん中を上から指を乗せて数秒すると、解けて簡単に剥がれる技術を開発した。

でも5-6枚やると指先は冷たくなり、最先端の技術も利かなくなる。

戦後生まれで食糧難を乗り越えてきた世代、水道のお湯で指先を暖め

皮はぎに再度挑戦。

レシピには肉は指先程度の少ない量にしないとゆでるのに時間がかかり

皮が美味しくなくなるとあった。

でもレシピの5倍の1000グラムの豚挽き肉。

5倍入れないと無くならないから、ワンタンはだんだん大型餃子化していく。

指先温暖化の技術も利かなくなるころ25個を皮で包み終った。

酒ブイヨンのスープに少し醤油をたらし、25個を入れる。

<待てよ、多くないかな???>

小さい鍋がワンタンで一杯になった。



丼はあふれそう。

味は旨いのである。

<アジ、アジ。。。ふーふー>を繰り返しながら。


半分までは美味しかった。

その後は根性だ。

後一年はワンタンはいらない。






  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(2)グルメ

2009年12月14日

レッドカーペット

フレドリックス バーグの郊外でつきに1度の蚤の市があるという。

帰り道なので寄ろうと言うことになった。

店は370軒という割には少ないように見える。

腹ごしらえを終えると市場をうろうろ。

中にはトタン板で出来た恒久的建物というか囲いの中に小さな

店は沢山入っていた。

中に入るとインディアンが織るじゅうたんを売っているおじさんがいた。

「何処から来たの?」

「日本とダラスから」

「そー、うちの息子はテキサス大学で日本語を勉強していて、読み書きが

できるんだ。」

「すごいねー。」

「出来たら日本で1年英語を教えて日本語をもっとうまくなるんだって頑張って

いるんだ。」

このおじさん、すごく人が良くて決してじゅうたんを買ってとは言わない。

「このじゅうたんは手織り?」

「そー。」

「何処から来るの?」

「メキシコのZAPOTECというじゅうたん。自分でメキシコのインディアンの

織っている村に行って買ってくるから安いんだ。

町で買うとこれらの2倍以上の値段になるよ。」

相場は分からない。

だけど前にオーさんと行ったサンタフェのナバホ インディアンのじゅうたん

に比べると安い。

いろいろ見ていると綺麗な色のじゅうたんが。

「これは縁が取ってあって、織るのが難しいからあまり出てこない。

それに3メートルの長さもなかなか出来ない。」



交渉の結果現金で少し負けてもらった。

(この現金は娘が親類から頂いたお金。親は当然ピンハネする権利はある!!

少なくとも我が家では。)

家に戻り早速じゅうたんをひくと




犬が貴賓のようにレッドカーペットを歩き出した。  


Posted by テキサスバーガー at 12:13Comments(0)グルメ

2009年12月13日

来年の春

皆が日本へ帰る朝は雪。



昨日の夜にタイバジルでボスがペストソースを作り、フランスパンにぬって

トーストをした。



このペストソースは今年最後の自家製ペストソースになるとは思っていなかった。

所が翌日はー3度まで下がり、完全に凍り枯れてしまった。



来年には家の裏側だけでなく、前庭、横庭と対バジルの密林が現れるの

楽しみに。

自然に密林にが現れない時は人工的に!!!

イッヒッヒ!!!  


Posted by テキサスバーガー at 13:13Comments(0)グルメ

2009年12月12日

クリスマス プレゼント

まだクリスマス プレゼントに迷っている彼女へ。

1.ポータブル PC, 10インチ LCD, Window 7 搭載

2.一眼レフ カメラ、 12Mp、 望遠レンズ付

3.iPHone または Blackberry のスマート フォン

4.ゴルフ クラブ

どの一品をプレゼントされてもオヤージはうれしい。  


Posted by テキサスバーガー at 13:13Comments(2)グルメ

2009年12月12日

「わらじの」ようなステーキ

親類一同が翌日には立つという日になった。

例のごとく女性陣は最後の買い物に出かけた。

「何か遣り残したことはないです。」

「いやー、もう十分してもらいました。」

「いやいや、まだステーキを食べてもらってないですね。」


マーケットの肉売り場へ。

「もう、私も女性陣たちも胃が疲れていると思うので、少しにしてください。」




「ニューヨークは1枚どのくらいの目方?」 と店員さんに聞く。

「大体500gくらい。

「OK,それじゃ3枚。」

「普通一人1枚だけど半分にします。足りないといけないから生ソーセージも。」

お芋も焼いて




「子供の時、親父にわらじのようにでかいステーキが食べたいと言ったのを

思い出しました。

今その願いがかなうとは思ってもいなかった。」



「わらじより少し小さいけど、味はどうですか?」

「写真に味も取れれば日本でまた味わうことが出来るのに!!!!」

かくして約2週間、アメリカのターキーディナー、ハンバーガー、サンドイッチをはじめ

ギリシャ、中国、ベトナム、メキシコ、イタリアン等と自宅での日本食を食べまくり、

最後はNYステーキで締めくくり。






  


Posted by テキサスバーガー at 12:10Comments(0)グルメ