2011年07月31日

S.O.S.

「ダディ、今日の夜はピザでいい?」

と娘から電話が入る。

昨日からピザが食べたいと言っている。

「、、、、、、、、ううん、、しょうがない。OKするよ」

昨日もハンバーガーのファースト フード。

いい加減にしてほしいと言いかけたのをやっと止めた。

すぐにやけ酒!!!!


しばらくすると又娘から

「アンクル ランディーがピザを持ってきて、ステーキで夕食しようって」

「OK,OK!!! ダディはもうワインが入っているからボスに迎に来るように

言って!」












ランディは食後

4スクープ




オヤジは





97ポイントと言われる赤に執着した

  


Posted by テキサスバーガー at 12:31Comments(0)グルメ

2011年07月30日

In-N-Out バーガー

カルフォルニアから

In-N-Out バーガーがダラスに来て

数ヶ月経つ。



今日行ったらドライブスルーは店を2周していた。

店の中はさほど大きくないけど空き席なし。

ボスとオヤジ二手に分かれて席取りを。

オヤジは店の外のテーブルをとりあえず押さえる。

38度だ。

店の中の席が取れた




オヤジはダブルーダブル(最初の写真)



メニューは3種類しかない。

ハンバーガー

チーズバーガー

ダブルーダブル

冷凍は使っていない。

フレンチフライを食べ終えたら箱に



1948年から ”トランス ファット 不使用”

野菜オイル使用

コレストロー フリー

だって。

痛風にも優しい。




金曜の午後7時でこの混みよう。

朝10時回転で直ぐ一杯になり、時には4時間待ちになることもあるという。

味  ベリーグッド!!! でありました。

  


Posted by テキサスバーガー at 12:27Comments(3)グルメ

2011年07月29日

ダラス 吉野屋 オープン

家で夕食を食べる終わり、カウンターを見ると広告がにあった。



そうで吉野屋の牛丼、鳥丼の広告です!!!

ここどたばたして未だ試していません。


タカさん、 「つゆだく」
はどうも

$0.60 

プラスみたい。


豚丼はメニューにない。

オヤジはどんぶりよりチキン ウイングに興味あり。

試したらまた報告します。  


Posted by テキサスバーガー at 11:01Comments(10)グルメ

2011年07月28日

ラーメンの具

日本の生ラーメン。

ネギと青野菜を用意してゆでた。

食べだしたらやっぱり

卵とか

チャーシュー

とかに肉系の具が欲しくなった。

朝の誰かの食べ残し

ベーコンを発見。

ベーコン ラーメン。



麺は久しぶりの日本麺ーー満足!!

ベーコン ラーメン商品にはなら無いでしょう!!

  


Posted by テキサスバーガー at 11:13Comments(0)グルメ

2011年07月28日

水深200メーター

最近、腕時計をしたままシャワって入る癖が付いていた。

旅行中気が付くと



時計の中に水滴が一杯。。。。

「オー、なんて事だicon41icon197

水深200メーターまでOKなはずなのにicon101icon101


リューズがゆるんだまま水に漬けたようです。

たった20センチくらいだったのに。

ダラスに帰って、機械時計を修理している所を探していたけど、余り見つからない。

以前バンドを直してもらった時、目の玉が飛び出そうになった店しかネット検索で

出てこない。

ここに持っていけば修理してもらえるのは分かったけど、目の玉でなく、

違う玉が飛び出そうになった。

修理に出すかどうか迷って放って置いた。

昨晩、気が付いたら時計の中の水滴は消えていた。

試しに振って寝たら朝もチャンと動いていた。

ダラスは毎日40度前後、カラカラに乾燥した天気

が直してくれた。

おかげ様で目の玉も違う玉も引っ込んだ。



  


Posted by テキサスバーガー at 11:01Comments(2)グルメ

2011年07月27日

テレビと新聞

日本でテレビがデジタルに移行したと

ふじぶーさんのブログで知った。

http://fujibuwarau.yoka-yoka.jp/

アメリカは去年だろうか一昨年かデジタルに

なるから、アナログのテレビをデジタルに

変えない人はデジタル テレビ チューナー

をつなげば今まで道理に見えますので

チューナーを買う人には確か$25くらいの

補助が政府から出ていた。

でも大多数の人口はケーブルか衛星テレビ

に頼っているから、いまだにアナログテレビで

見ている人達がきっといると思う。

それはそーとして、オヤジは余りテレビを見ない。

見るとするとニュースかスポーツ、特に冬場の

アメフト。

だから冬を過ぎるとテレビの前に座ることがない。

内はテレビを各自の部屋に置くと、顔を合わせる

機会が少なくなるからという理由で1台しかない。



その代わりPCとかスマートフォンを各自持っているから

朝から画面を見ているという家庭内風景。

PC、スマートフォンのおかげで

何時でも世界中のニュースとか自分の興味のあることを

探せるから新聞も読まなくなった。

特にダラスの新聞は超地方的ニュースが多い。

全国紙的ニュースは大手新聞会社か他のソースから

の丸コピーが多い。

それで7月の始めの旅行に掛けて新聞も

止めてしまった。

そうしたら日曜版を52週間29.99ドル届けます

というメールが入った。

日曜版は日本と同じよう広告が一杯入っています。

広告が一番大事な新聞社の収入源。

と同時に地元の店の広告は生活と密着している。

ボスもデパートのバーゲンのお知らせが大事だという。

それでネットで申し込んだけど一度も配達されない。

やっぱり新聞配達は過去の時代のものになっていくのだろう。  


Posted by テキサスバーガー at 11:03Comments(0)グルメ

2011年07月26日

番外編 デザート

オヤジは何時も飲んでいるからデザートまで

行き着きません。

しかし同行と言おうか、オヤジがくっついて

歩いている2人の女性は、メインは食べなくても

デザートをコスタリカで食べまくり。




マンゴーとチョコレート ケーキ。

南国だけあってスーパーで買ったマンゴ」ーは

種の回りでも繊維質にならず、溶けるように

甘かった。

それでマンゴーケーキをご主人様達がオーダー。

間違いなく美味しかった。



クランブレ(で正しいのでしょうか?)に本物の

バニラ ビーンが乗って。






これもクランブレ。

二番煎じだけど間違いなく美味しかったようです。




チョコレート ムース


オヤジは地ビール



一番売れているインペリアル。

みずみずしい。。。。。。今一






ピルゼン


これは上手いビールでした。


忘れる所でしたけど、


コーヒー

  


Posted by テキサスバーガー at 11:12Comments(0)グルメ

2011年07月25日

可愛いめぐり合い

コスタリカで1週間泊ったコンドで一緒に

なった家族。

我々の階にやってきたサルを見に来て話すようになった。



アイスランドから10日間同じのコンドに滞在する予定だと。

5歳の可愛い女の子も。

プールで娘と女の子は友達というか、娘が1-2時間

遊んであげた。

女の子も娘も親とズーットいる窮屈さから逃れたのだろう。

笑い声がズーットしていた。

それから毎日プールで娘の声を聞くと、

飛んで遊んでもらいに来た。

我々の滞在最後の晩、女の子とお母さんが

部屋にやってきた。

女の子の手には自分が大事にしている

お人形が2つ。



娘にくれた。

我々は翌朝マイクロバスで7-8時間の旅に出た。

ボス 「可愛い子だったね! あの子は将来日本人とか

アジア人に対して偏見なく接するようになるね!」

娘は国際親善を少し貢献したかな、、、



  


Posted by テキサスバーガー at 10:36Comments(2)グルメ

2011年07月23日

食い倒れ番付、 コスタリカ

オヤジの旅行の目的は

1. めし!!!!

2. 海の景色

3. 山の景色

4. 家族への奉仕

従って番付をつけてみた


1番  

ビーフ テンダーロイン クリミー ブランデイー ソース





ここはマヌエル アントニオのマリポサ ホテルの端っこの



La Cabana Del Chef。

カナデイアン フレンチ レストラン


2日連続でステーキをいただいた。



2. ニューヨーク ステイク 500g



娘が 「わっ! 私の顔より大きい!!」 と言った。

(ボスの顔の半分くらいじゃんと言いかけて沈黙)



完食!!!!

前菜に取ったのがマーリン(口先が1メーターもあり、

スポーツ フィッシングの対象の魚)の

生をたまねぎとライムジュースであえた。

美味しいかったけど、沢山食べているとマーリンの

臭いが強く感じてきた。






LA FORTUNAの町のルフィーノ。


3.広東風 角煮



これはTABACON HOTELのプールサイドのレストランで。

TRIPADVISORのコメントで

高いまずいとこき下ろされているけど、ボスのも娘のオーダー

も美味しいかった。

辺ぴな所でこんな美味しい中華風角煮は

ノーベル賞ものだと思う。

1番につけてもいいかも。


4. タイのソテイー



マヌエル アントニオは新鮮な海産物が入る。

タイはここで多く取れるという。

レンテイルの豆がタイの下に敷いてあったけど

豆は味無しで、オヤジには無かったほうが良かった。



KAPI KAPIというレストラン。

勘定にはサービス料が入っているのに

ウエイターはチップを要求してきた。

この国のレストランの質は非常に高い!!!

5キロ近く肥った!!!!


  


Posted by テキサスバーガー at 10:49Comments(0)グルメ

2011年07月22日

コスタリカ 美女と混浴

どうだ!  羨ましいか?

美女、美女と混浴だぞ!!!!!!

鼻の下長くしていいよ!!!!

トバコンの温泉は野外温泉。

全部  混浴だぞ!!!



断っておくけど我が家のボスと娘じゃないぜ。

その前に温泉の説明をさせて。

多分 一番高い所にある源泉から150メーター位、

温泉の川が流れる。




写真でお分かりのいただけると思いますが

至る所で流れをせき止め、プールを作って

ある。

この写真を撮るため開園の8時に行って

人のいない流れる温泉を撮影。


川下は水の量が多くなるけどぬるくなる。

意地気ない男たちが背打ちをしている。




オヤジは江戸っ子、

ぬるま湯には我慢できない。




最上位の打たせにあたると



パンツも落ちるほど

身が引き締まった!

それを見ていた

元ミス メキシコ達がヤンヤの喝采!

なびすこ(?)ジャパンの女子サッカーの快勝

に勝る声援だった!!!






全員  (元) ミス メヒコの美人!


現在 は 不明。。。。
  


Posted by テキサスバーガー at 10:25Comments(9)グルメ

2011年07月21日

温泉天国に向かう

コスタリカは日本に負けないくらい

火山国。

滞在中も3-4回結構大きい地震を体感した。

火山=温泉

隠れ家 「リオ セレステ ハイドウエー」から又

22キロジャリ、穴ぼこ道を戻り

La Forutnaという町を通り

日本の富士山より急峻なアレナル山。



更に10キロくらい行くと

世界の温泉ファンが行く

「Tabacon」 ホテルに。

ここの温泉は日本人でも関心する規模の温泉。

ホテル タバコンはコスタリカ最後の旅を飾る

高級ホテル。


ホテル HP ;http://www.tabacon.com/

またしてもボスのバーゲン ハンター 黒帯技 で予約。




温泉はホテルから歩いて7-8分




ところがこのホテルの書き込み

「食事がまずい、高い」

が非常に多い。

どういうものを食べさせてくれるのでしょう?????  


Posted by テキサスバーガー at 08:55Comments(2)グルメ

2011年07月20日

コスタリカ  コーヒー

以前ブラジル人にブラジル コーヒーで美味しい

のはアメリカで手に入ると聞いた。

「ブラジルのコーヒーは主にブレンド用の量を増やす

為の目的で、余り美味しいコーヒーは無いよ」。

「えー、ブラジルといえばコーヒーという位じゃない」。

「ブラジルのコーヒー栽培は平地で栽培されて美味しくない。

コスタリカ見たいに高地で栽培されているのが美味しい」。

というので今回お土産にコーヒーを選んだ。



一般に酸味が少なく、オヤジの好みは

ダーク ロースト

にクリームを入れて楽しんだ。

ボスは夜飲むと寝られなくなるので

ディカフェ (カフェインぬき)

を買った。

オーガニック コヒーもあった。

これが一番高かった。

今回お土産用にスーパーで

一番高い

Britt

というブランドを選んだ。

ホテルとか空港で10個買うと4個おまけという

のを知らずフルプライスで買ってしまった。


  


Posted by テキサスバーガー at 00:18Comments(0)グルメ

2011年07月18日

コスタリカ 隠れ家(2)

隠れ家ホテル 「リオ セレステ ハイダウエー」

[Rio Celeste Hideaway]

http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g666791-d1780610-Reviews-Rio_Celeste_Hideaway_Hotel-Bijagua_de_Upala_Province_of_Alajuela.html

2-3家月前にボスがTripAdvisorで見つけて

「ワー、ここに泊りたいけど値段が高いから。。。。」

と言っていた。

ところが彼女が再度このホームページに行ったとき

オフシーズンの特別価格を見つけて予約した。



ホテルの受付とレストランのある玄関。

プールとジャクジー




キャビン



ホテルの敷地を出た所。



Trip Advisorでの宿泊客のコメントは非常に高い。

ただし食事がひどいとの。

このコメントは正しかったというより正確だった。


最初の夜、娘のオーダーしたビーフステイクは

ミディアムをオーダーしたのに、レアーのレアー

で出てきた。再度もっと火を通すように頼んだ

けど全然変わらず又出てきた。

もう一度火を通すように言ってやっと火が通って

出てきたけど、その時娘は食欲を無くしていた。

ヘッド ウエイターが「 新しいシェフに変わったんだけど

今日彼が来ていないので、ごめんなさい。今日は

ホテルがおごりますのでハッピーになってください」。

しかし滞在中の食事は惨めだった。

TripAdvisorでこのホテルから500メーター位の所に

ローカルのレストランが有ると出ていたので行ってみた。

そこは国立公園の出口に当たるところに

10棟くらいのキャビンがあるホテルだった。






美人のお姉さんがいるレストランで



下見を



夜は6時半に閉まるという。

5時ごろフロントから 「今日はレストランは閉まりました」

という連絡が入る。

いいよね、したのホテルのレストランに行くからと

皆で隠れ家を出たら、「下のホテルのレストランは閉まりましたよ」。

と隠れ家の人が教えてくれた。

「またダディの聞き違いだよ」 と娘のコメント。

このホテル WEBでは出てこないので下にアドレスを。

ホテル名: Rio Celeste Hotel






ボスと娘は受付に行ってキャビンを見せてもらう。

3人用のキャビンで1泊だと$57. 連泊だともっと安くなる

のだと思う。

「どうだった?」

「トイレもバスも綺麗!ジャクジータブだし」

一生リオセレステに戻ることはないと思うけど

万一来たときはこちらのホテルになりそうだ。






  


Posted by テキサスバーガー at 21:04Comments(0)グルメ

2011年07月17日

コスタリカ 秘湯

ブログの更新、もたもたしているうちにダラスに着いて

しまった。

しつこいようだけど、コスタリカの旅の思い出2-3書き足します。

今日は秘湯について。

隠れ家ホテル 「リオ セレステ ハイドアウエー」

はキャビンが30棟位のこじんまりとしたホテル。

ホテルの中にも、外にもお土産やさん等お店は

全くありません。

雨季なのでキャビンでごろごろするか

プール、ジャクジーしながら飲むか読書か

インターネットするか

して時間をつぶすしかないと覚悟していた。

「明日の朝はテノリオ国立公園のハイキングだからね!」

とボスはガイドを予約した。

夜から朝にかけて雨。

「出発1時間遅れででるから。」



国立公園の入り口まで30分くらい石ころ道を登って歩く。

ガイド 「今日は10キロくらい歩きます。 足元が悪いですか

ら気をつけて歩いてください。」


最初は

ブルーラグーン

滝から流れる水は滝つぼをブルーに染めて

急流を作っていた。





ここまでアップアンドダウンがあり、滝に下りて上るときは

息が絶え絶え。

おまけに岩にひざをぶつけて、ひざを曲げると痛い、、、、

けど我慢して更に歩かされる。

幾度か丸太を渡した川を渡らされる。

川幅は5メーターくらいの狭い幅だけど、

正直言って怖い。

川上で子供を担いでかわを渡っていた親子が

いたけど、オヤジも川に入って渡っておけばよかった。

もう3時間近く歩いている。

「もう少しで温泉がありますから」

なにやら人の気配がある。







早速母娘も





親父も入ってお湯加減を。

一箇所からすごい勢いでお湯が湧き出ていた。



後から来た人達が芋を洗うように温泉に喜んで来た。

温泉好きは日本人だけではないよう。

ホテルまでの戻り道、あと1時間歩く。

ガイドが声を上げるほどの土砂降り!

くだりの道は濁流になる。



ポンチョも着ず、ひたすらにホテルに向かう親子。

ホテルについて写真用にポンチョを着させる



いい笑顔になった秘湯のハイキング。

我々が戻った頃に出発したグループは

最後まで土砂降りの雨は上がらなかった。

ビールが旨い!!


  


Posted by テキサスバーガー at 21:54Comments(0)グルメ

2011年07月14日

コスタリカ 秘境の隠れ家

WiFiが簡単に繋がらなかったり、停電でブログが途中で消えたり、

おまけにアンドロイド G TABLETをうまく使えこなせず

ブログの更新が途切れ途切れとなった。


今日一日温泉につかって明日にはダラスに戻る。

ダラスからの便りによると

ランデイが41度の中ゴルフの打ちっぱなしを数時間やって

家に戻ったら熱中症で倒れたとか、家の郵便が止まって

いなくて郵便箱が溢れとか、ついにココは女のこらしく

振舞っているという写真もトレーナーから来た。

我々はマヌエル アントニオを数日前後にして

北の火山、熱帯雨林に移動した。

天気予報を見ると中央アメリカ全体が厚い雨雲で覆われている。



途中川幅100メーター位の川の岸にワニが昼寝してしているのを見て

7時間車で移動。








当然マイクロバスの運転手 ホゼは道順を調べてこなかった。

行き先のホテルの電話番号がわからず、違うホテルに電話して調べてもらった。


高原を走り続ける。


ヒル飯



娘のトーテイヤスープ   クリミートマトスープにハラピーニョが効いていて旨い。





ボスのチキン 飯

オヤジのは写真がどこか行ってしまったけど、皆の残り物も平らげて

いたら、ホゼが「急ごう」とせかせ、未練のこしてまた北上。


最後の22キロは未舗装の砂利道。

残り4キロは四駆でないとダメじゃないかと思う程きつい登りと

穴ぼこ砂利道。

ついに着いたホテルは「隠れ家」
リオ セレステ ハイドアウエイー






ベランダはレインフォレストに向かって、川の流れる音がする。  


Posted by テキサスバーガー at 22:49Comments(2)グルメ

2011年07月13日

コスタリカ 空中遊泳

コスタリカにきたらやってみたい事があった。

それは空中遊泳。

ここではジップライン(ZIPLINE)とかキャノピー(CANOPY)とか言っている。

熱帯雨林をケーブルにぶら下がって

一気にかけ下がる(?)

ボスが予約をした。

迎えのボスで一緒になったのはマイアミからの

4人家族。女児と男児7-8歳の姉、弟と両親。

南カルフォルニアからきた6人家族は

おばあちゃんとテイーンの大型姉妹2人。

現場に着いてロッククライミングをする時の様な

用具を付けて、ヘルメットを装着。

手の平に厚い革を貼った手袋も。

山を登り始める。

足元には小さい毒カエルが行き交う。

ケーブルに滑車を付けて

それにハーネスを引っ掛けて、足を上げて空を見るようにケーブルにぶら下がる形になる。

手袋をして

左手でケーブルに繋がったハーネスのひもをつかみ

右手を頭の後ろに持って行き、ケーブルを親指と人差指で作った

円に通す。

これで空中で体がスピンしないよう保つ。

ブレーキをかけるときは右手のひらをケーブルに押す。

ケーブルをつかむと、止まってしまう。

足を上げて、交差して体を起こしてガイドが体を押すと

一気に飛んでいく。

と思ったらすぐ下の駅まで着いてしまった。

「あー、これは練習か」

と思い次の出発台へ登っていく。

ここで同じように飛んでいく。

あっという間に着いてしまう。

オヤジが勝手に期待していたのは1000メーター

とか2000メーターを一気に下りると思っていた。

「全部13のケーブルがあります」

2番目の長いケーブルで300メーター。

少し空中遊泳の気分。

一番長いのは気がつかなかったから、同じくらいなのだろう。

小さい子どもも急降下でないケーブルは自分で、急降下のところは

ガイドの人たちが一緒におりた。

ケーブルが緩やかなところでは途中で止まってしまった人たちも。

この人達は自分でケーブルを引っ張って台までたどり着かなければならない。

ケーブルにぶら下がるとポケットの物を落としてなくすので

出発前に荷物、カメラを預けたので自分で家族、景色の写真がとれない。

ガイドが写真を撮ってあとで買うシステム。







写真を見るとオヤジとボスは建築現場がよく似合うヘルメット姿だった。
  


Posted by テキサスバーガー at 00:36Comments(2)グルメ

2011年07月10日

コスタリカ の自然

この国はエコツアーを売り物にしているので自然を見に。コンドのベランダに早速猿の家族が来た。

いろんな動物が見える国立公園へ。

ガイドを雇い約3キロノトレイルを3時間かけて歩いた。

ナマケモノ、リス猿、白顔モンキー、イグアナ、とかげ。

とかげ以外は遠くてあまり良く見えなかった。

分かったことは国立公園より普通の近所の森の方が良く動物に

遭遇した。

怠け者<ーー自画像




リス猿





白顔猿







この猿が一番数が多い。

食べ物を狙ってどこにでも来る。コンドのバルコニーにも毎日家族がくる。







イグアナ






イグアナ、トカゲ類はどこでもいる。


この他毒ガエル。

国立公園では見なかったけど、違う公園では3ー4センチの

黒に緑か黄色の模様の入ったカエルが足元を通り過ぎる。

結構な数だ。

ガイドに「触ったらどうなる?」

「死ぬ」。

  


Posted by テキサスバーガー at 21:24Comments(2)グルメ

2011年07月09日

コスタリカ 3 飯

オヤジの目的   飯

朝飯  コンドから50ー60メーターにある

カフェ ミレグロ(という名前だったと思う)



娘のクレープ。マンゴ入り。彼女は大満足。




ボスの。 コスタリカ朝飯。 赤飯的ご飯と豆。 コーントテイヤ。美味しいとの事。




オヤジのアメリカン。OK.



カプチーノ ダブル。 酸味が弱く好みの味。





いいコーヒは輸出されて地元で美味しいコーヒーが飲めななっかたので

このカフェは地元で美味しいコヒーが飲めるよう大学生だったオーナーが

始めたお店。


夜飯  コンドから150メーター徒歩!

BARBA ROJA





ピナカラーダで休肝日をやめた。




ボスはマルガリータ。



カラマリ.新鮮。



シアード アヒ。 マグロの表面を焼いたの。中はなま。



シーフード クスクス。




チキン サラダ。


漁師の孫だから魚の味はと自慢するボスが喜んだ

ほど、魚介類は新鮮!

味はダラスより全然旨い!!!!
  


Posted by テキサスバーガー at 10:28Comments(2)グルメ

2011年07月08日

コスタリカの旅 2

毎日違うホテルへ移動の旅は怠け者の家族に出来ない。

一箇所定住型か2-3箇所マキシマム ステイが我が家の

旅行パターン。


それでオヤジは一泊8ドルくらいのバックパッカー用の宿に

ステイすることをボスに提案したが鼻先にも引っ掛けず

「貴方ひとりで泊まったら」。というお言葉を吐き、

ボスがこの2ベッドルームのコンドを予約した。




(我が家の専属モデルを使い、プールからの眺め。)

それ以来彼女が全部予約、他の手配を仕切った。

従って一泊8ドルとは行かなくなった。




これがコンドの看板。

6階建ての3階のワン フロアー 135平米M プラス ベランダを独り占め。

ベランダには2つのハンモック、ジャクジ、テーブル、バーベキューグリル。

「ねっ!  8ドルとこっちとどっちがいいの?」

「、、、、、、、、、、」

下手にご返事をすると追い出されるので下を向きトイレに行きごまかす。


ここからケポスという街まで4-5キロ、コンドから半径400メーター範囲

にバス停、カフェ、レストランとスーパーが。

ホテルでないので水のボトルが置いてない。

これを仕入れることが急務。

朝飯の後、ケポスという海辺の町まで。

バス停まで歩き出したらタクシーが声を掛けてきた。

バスを待つのも面倒なので。



ケポスの街を徘徊。

小さな街だけどなんとなく東南アジアのプーケットとか

バリのクタあたりに雰囲気が似ている。

ボスの調査によるとこの街のレいくつかのストランは

コスタリカで一番旨いかもという結果である。

期待しよう。




街に面した海は汚染されているかr,海に入るなら国立公園の

ビーチに行かなければならない。  


Posted by テキサスバーガー at 10:41Comments(3)グルメ

2011年07月07日

やっと繋がった コスタリカ

ダラスから飛行機で4時間弱メキシコを超えて南下2,500キロ。

迎えの車はもちろん来なかった。

ここはコスタリカだから。

首都サンホゼ空港から迎えの車で150キロ程

更に南下する予定だった。

ゲートを出て待っていても来ない。

そのうち英語を話すおじさんに迎えの運転手に電話

してもらった。

彼は目的地にいた。

しょうがないのでタクシーで2時間半。


タクシの運転手はカマちゃんとかガバチャンとかいう

名前のオッチャン。

安全運転で夜中の12時ころ無事宿までついた。


朝起きると




居間からのビューだ。

バルコニーに出ると何も遮るものがない。




コスタリカは雨季だけど、日頃の行いがいいので今週はいい天気

が続きそう。

2ベッドルーム コンドを借りて、マニュエル アントニオに

6泊。 それから北上して温泉のあるところに計5泊。

全てボスにまかせ、ただ食べることと支払いに専念の旅行。

持ってきたタブレットが役に立たないのでブログにアップは

断続的になりそう。




安全運転のタクシーの運転手 カバチャンかガバチャンかそんな名前だった。

あっと思い出した、カマッチョ だ!  


Posted by テキサスバーガー at 05:56Comments(3)グルメ