2008年11月02日

ダラス住宅事情

もうダラスに着いてから3週間。

前にも書いたけどランデイの家は500平米位。

庭は13軒の家の共同。

だけど池に面しているのは六軒だけ。それなのに管理費は皆同じ率

(家の大きさに比例)とは、驚き。

もう一つ日本の皆さんが驚くと思うのは

キッチンと家族が食べる所 (お客が来たときの食べるところは別にある)が

70平米位。





ここから庭を見ながら食べる食事は美味しい。

共同の庭は5000平米くらいだそうだ。





しかしこの家に何時までもいると、気持ちが良くて他の家に住めなくなりそうだ。

はやく出ないといけない。









昨日はハロウーン パーテイーに娘は招待され、

行く前にだらだらしていたのでボスに怒られていた。

だけど痛みを感じないようだ。

オヤージは一言一言が身にしみているのに。

娘の図太さが欲しい。

ランデイーの所に居候しながら家を探しているけど

帯に短し、たすきに長しという家ばかりでなかなか

なかなか気に入った家が見つからなかった。

予算は決まっているし、その中でボスの言う条件を満たし、

更にオヤージも快適と感じるのを見つけるのは難しい。



もう20-30件の物件を見て、土地勘が出来、ボスがOK

出来る地域に絞る。



そんなところSさんがエルパソから電話してきた。

「どうですか? 良い家見つかりましたか?」

「なかなか見つからないのでとりあえずアパートでもと考えているんだけど。」

「テキサスの家ってどのくらいの値段ですか?内も考えているので。」

「日本円にして5百万くらいから100億円くらいまでの幅があるよ。

ただ5百万円くらいだと明日の朝には体が冷たくなっているかもよ。

住む地域によって値段が大きく変わるから、よく地域の事情を調査

しないとだめだよ。」

「分かりました。早く見つかるといいですね。」

「ありがとう。」

といういうような会話をした次の日にボスがインターネットで出ている

家を見つけて

「エージェントに電話して、この家みたいから。」

とお言葉をいただいた。


エージェントと一緒に見に行くと

ボスは、

「ワー!!!! 素敵。」

としばらく中を調査。


「うん、この家がいいけど少し値段が高いね。」

「うん、でもまけるんじゃないかな。」

という訳でほぼこの家の交渉を始めるところだった。

念のため、次の日にランデイー夫婦と再度見に行くと2人とも

良い家だと言う。

しかしオヤージはひっかかる。

どうしても間取りが住んだら不便のようだ。

もう一度見に行き

オヤージはダメを出した。

(ボスとの力関係からかなり危険な事ではあったが。)


ボスは落胆。


エージェントが慰めで、ボスに

「直ぐにいい物件が出るかもしれないから落胆しないように!!」

と励ました。


ところが次の日、近くに物件が出た。でも写真はまだ出ていない。

彼女は早速エージェントに電話をし、見せててもらう様に手配した。


結局その家の間取りはオヤージも喜んだ作りだ。

皆も気に入った。

エージェントを通して交渉が続いた。

サブプライムの件で家の値段が大きく下がっていると期待したけど

テキサスはあまり下がっていないので交渉は長引き

昨日やっと決まった。

だけどその家に入れるのが12月半ば。

其の後に直ぐ内装の改造しなければならない。

ランデイはそれまで彼の家にいろと言ってくれている。

ありがたいことだが・・・・・・・・・・・・・・



内装の改造を大きな店に頼むと予算では足りなくなる。

インターネットでいろいろ見ると信頼できそうな店を見つけた。

電話をすると40-50KM離れた町の店だ。

ショールームとサンプルを午後見に行くからと伝える。

ボスに伝えると、途中に飲茶の美味しい店があるから食べて行こうという。



この三週間、家ではアメ食を皆で食べてたが、飽きてきている。

外食は

「すし」 ~ ダラスに限らずアメリカの多くの日本食レストランは、韓国、中国人シェフが多い。
       ランデイが連れて行ってくれたところも韓国人シェフだった。
       ランデイたちは美味しいというけど、やはり本物でないので我々はもう行かないと
       思う。
       本物の日本人シェフの店を見つけて其のうち行こうと家族で合意。

「ハンバーガー」 ~ 女性陣がいないとき2人で食べに行ったけど、その店も中国人経営。
             正直言ってオヤージの店の方がうまかった。

             もう一軒皆で郊外の店に行ったけど、$15 プラス チップ。
             値段からすればどうってこと無い。

「韓国冷麺」  ~ ダラスは韓国人町がある。娘がお茶づけを食べたいというので、コリアン マーケット
            で「こしひかり」(米国産 新米)を買いに入ったついでに食べた「冷麺」は旨かった。
            ボスに半分取られたけど。

            数日してランデイと娘の3人でこの店に戻り、夕飯を食べた。今日も娘に豆腐チゲを半分取られ
            オヤージは空腹が続く。
            (うそ、運動不足で太くなっています。)

「ギリシャ レストラン」 居候先の近くにありランデイの友人夫婦も一緒に。
               大きい町では目ずらしい家族経営の店。


「タイ」        家から2マイルのところにあり、2-3回入った。少し甘いけど。OK.

「インドカレー」   ランチバイキングが$10で美味しい。家から2分の所にあり、結構インド人
            が多い。
            案の定いける。


飲茶で満足し、業者に行き大体の値段交渉を済まし、家に帰る途中に日本食マーケットがあった。

また家から北に20分くらいのところにも小さな日本食マーケットがあり刺身もおいてある。

家で手巻きを作るとランデイ夫婦も喜んでいた。

そんな訳で日本食、アジア食に餓えることなく生活が出来そうだ。



続く           







同じカテゴリー(海外生活)の記事画像
庭でゴーカート
親睦パーテイー
中古
海外留学と不幸な出来事
遅い春
もどき
同じカテゴリー(海外生活)の記事
 ダラスも荒れ模様 (2012-04-04 10:50)
 マルモのおきて (2012-03-31 12:48)
 庭でゴーカート (2012-03-24 11:30)
 故障続き (2012-01-27 11:46)
 タバコ (2009-06-12 11:48)
 親睦パーテイー (2009-05-22 17:13)

Posted by テキサスバーガー at 12:17│Comments(1)海外生活
この記事へのコメント
スゴイ土地の広さですね。日本ではありえないような家ですね。
日本にもこういう賃貸住宅があればいいなと思いますが、毎月の支払はいくらになるだろうか・・・おそろしぃぃぃ
Posted by 本屋 at 2008年11月12日 10:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。