2009年01月11日

ジェラシー

ここでは男も、女の人も、ビジネススーツにも、

カジュアルにもブーツを履いている。

皆、カーボーイでもなければカーガールでもない。




アメリカに若い時来て一番困ったのは

シャツの袖丈の長さでもなければ、ズボンの股下の長さもなかった。

ダンビロ、甲高の足に合う靴を見つける事だ。

そこで靴を選びに店に行くけど、オヤージ”のご”幼少の時、

ゲタ
というのを利用させられたお陰で、

巾はEEとかEEEというダンビロの靴で無いと

痛くて長く履いていられない。

多くのメーカーはEとかEEを作っていても、

それを必要とする客が少ない店では置いていない。

アメリカ人は大方足巾が狭い。


それに対し、アジア、メキシコ系の人たちは

足巾の広い人たちが多い。

この人たちがゲタで育ったかどうか知らないけど。

だからアジア人、メキシコ人客の少ない店では

オヤージに合う靴、ましてやブーツは絶対見つからない。




時々日本人でカーボーイブーツを履いている人

に出くわした。

ご本人は格好良いと思っているのが良く伝わって来た。

見る方からは決して格好いいとは見えなかった。


しかし入るブーツあることがジェラシーを感じた。


そんな事分かっていても、カリホルニアで

カーボーイブーツを何度か試みた

けど、オヤージのダンビロ足が入るブーツは見つからなかった。

(女性は”桜島ダイ●ンといういうハンデイが有っても、入るブーツ

が有るが羨ましいかった。)




しかし、内心ブーツを履いてみたいという欲望は何時も有った。

毎年夏が終わり、家族がテキサスから戻るとボスと娘は格好良い

ウエスタン ブーツを履いていて帰ってきた、。


うらやましく

オヤージはそれを見て、一人トイレで

「ドーして、EEのブーツが無いのだ!!!!!!!」

「男女同権なのに、何故、何故、ヨ、ヨ、ヨ・・・・・・」

ゲタに合った形をしている足を見つめ、毎夏の終わりには泣き崩れていた。



しかし、年末に居候をしていた時の”あるじ”が南方へ

ドライブし、帰りにハーレーを運転して帰ってくるという。

彼は風邪を引いて熱があり、顔が熱で真っ赤。



”あるじ”の奥さんが途中 マーブル フォールという町

にウエスタン ブーツのアウトレットが出来たと教えてくれた。

彼女に聞いた

「EEサイズあるかなー?」

「勿論あるよ、私は逆にAAだけど、有ったよ。」

「ソーカー、あなたの旦那は今晩熱が出るから、明日南方に一人

で運転して、帰り400キロをバイクで戻るのはよくないよ。

オヤージが一緒に行って、帰りに連れて帰ってあげるから。」

と押し付け、運転していった。



帰りにマーブルフォールで

「あのさ、時間取らないから、トイレに寄るよ。」

といってアウトレットに飛び込んだ。


”あるじ”は

「トイレはアッチだよ」

と指を差す。

「先に行って!」

とオヤージはブーツコーナーへまっしぐら。

オーストリッチのブーツが沢山。サイズもEEサイズ OK.

値段は$300-600.

「タケー!!!これでアウトレットかよー!」

まー、一様試してみよう。

履き心地はなかなかヨロシイー。

鏡で見るとブーツはOKだが、アヒルがブーツを履いているようだ!!!


そこでおとなしいブーツを選びはいてみると、気に入った!!

値段もリーゾナブル!!






ズボン(若い人たちは”パンツ”というが、あくまでもズボンが

正しい日本語である。)

から出ている部分を見ると普通のビジネス シューズという感じ。

気に入った。





これを履いて何処にでも行く。

もうこれでウエスタン ファッションになった!!


もうジェラシーしない!!!!







同じカテゴリー(ファッション)の記事画像
ショートパンツ
母の日のブーケ
ウエデイングドレス
ヒョッコリひょうたん山
同じカテゴリー(ファッション)の記事
 ショートパンツ (2012-03-30 09:06)
 母の日のブーケ (2009-05-12 10:44)
 ウエデイングドレス (2009-04-13 14:01)
 ヒョッコリひょうたん山 (2008-04-24 17:14)

Posted by テキサスバーガー at 07:23│Comments(0)ファッション
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。