2009年05月28日

イラン料理

夜には少し身の安全に注しなければならない所に

中近東料理のマーケットとレストランがある。

車で前で通った時、ボスが

「あー、マーケットがあるんだ。」

「レストランじゃない?」

「両方ある。」

帰り道お昼に入った。

バイキングだ。



パプリカに香辛料と米、トマトとお肉を詰めたご飯、

鳥のひき肉、牛肉のひき肉を長方形に型で抜いて焼いた肉、

ジャイロみたいに肉を固めて焼いてそいだ肉。

葡萄の葉に米等を包んで蒸した物。

米ににんじんをと砂糖で炊いた甘いご飯。

パセリのサラダ。

トマトとキユゥリをダイスに切って混ぜたサラダ。

シナモンが入ったプデイング・・・・・



イラン料理といわず、中近東レストランと看板がでているのは、

アメリカとインランは外交問題のせいなんだろうか。

葡萄の葉で包んで蒸したご飯(他にも色々入っているけど)とか

ジャイロみたいな肉はギリシャとかトルコでもあるし、他の地中海に

面している国にもある。

中近東、地中海の美味しい物は自然と伝わって広がっているが分かる。


「なんでこれだけ文化が混じっていて、美味しい料理が入っているのに、

家ではキレイで大きなキッチンで料理が簡単に出来るような調理器具を

みんな持っているのに、どうしてアメリカの食卓は不味い料理か

マックとかKFC見たいのしか発展しないのかなー?」

とボス。

「歴史的に女性を楽にさせる事が国の使命みたいにしてきたから、

女性が台所で時間を過ごさないから料理は発展しないじゃないかなー。」

「うん、グラミーは料理上手だし美味しいし、お年よりはちゃんとしてるけど

、毎日、毎日一年間ピナッツバター サンドイッチしかお弁当

持ってこない子供達が多いのは、お母さんが働いているからもね。」







同じカテゴリー(グルメ)の記事画像
タコ タコの日
最近の苦労
2年ぶり 初物
2人のディナー
祝 誕生日
実証 20キロ減量
同じカテゴリー(グルメ)の記事
 タコ タコの日 (2012-04-20 13:14)
 最近の苦労 (2012-04-19 13:28)
 2年ぶり 初物 (2012-04-17 11:21)
 2人のディナー (2012-04-13 11:04)
 祝 誕生日 (2012-04-09 11:52)
 竜巻被害 (2012-04-05 12:59)

Posted by テキサスバーガー at 14:14│Comments(2)グルメ
この記事へのコメント
うちの長男(大学がペルシャ語科で、イランに1年ほど留学しました)が、懐かしがりそうです。それにしても、映画でもよく見ますけど、母親が、バターを塗っただけのパンを紙袋に入れて、子どもを送り出してる姿を・・。あんなの日本じゃ、大ひんしゅくですね。日本でよかった!はずばんどでした
Posted by アランカ at 2009年05月28日 20:35
ハズバンド様

でもピーナッツ バターサンドの子供のランチとして、超一般的
現象です。 それも毎日毎日。こっちも給食はありますけど、
日本の給食は子供にとっても、親にとっても素晴らしいと思います。

 毎日ピーナッツバターしか食べないから、新しいエスニック料理
を味わっても味が分からなくなってしまうのだと思います。

先日ダラス近辺のアジア人は30万人もいると新聞で出ていました。
結構イランの人達も多いような気がします。
家の家族がすきなのはモロッコ料理。

その内いいところを見つけましたら、載せてみます。
Posted by テキサスバーガーテキサスバーガー at 2009年05月29日 03:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。