› アンクル ランデイーズ テキサス バーガー › グルメ › イエロストーン、 6700キロ車の旅

2010年06月27日

イエロストーン、 6700キロ車の旅

イエローストーン国立公園

はアメリカで最初の国立公園

規模は東京都の4.5倍。

公園に入るのに入り口が東西南北の4ヶ所と北東から1ヶ所。


公園のHP
http://www.nps.gov/yell/index.htm

オヤ~ジ達は東入り口から。

入場料 ~ オヤ~ジはシニアー(62歳以上)$10一回払えば永久特権。        これはここだけでなく、他の国立公園、森林公園、モニュメントに入れる。
        オヤ~ジの車の同乗者はダタ。~これにボスはエキサイト。初めて年寄りと
        一緒になったメリットを味わう。
        それと国立公園内でのキャンプが半額にもなる。

東口から入り山を越えると湖が!




凍っている!!!



だがボスのエキサイトは長続きしなかった!


公園内キャニオン ロッジに3泊、 オールドファイスフルのロッジに2泊。

予約は去年の5月にした。

元々はキャンプが出来れば最高なんだけど

6月中旬の気温が零下にもなるし

女性陣がトイレ、バスがついていないとダメ主張するので

屋根、ベッド、バス、トイレ、ヒーター付きというロッジを取った。

キャニオンロッジは1950年代に建てられたバラック。

外から見るとテントに毛が生えた程度。

この人は旅行といったらリゾートタイプで部屋はデカいくて、眺めがいい部屋

を何時も期待している。

しかしオヤ~ジはテントでなくキャビンに格上げしたのだから、ブツブツいう声は

頭の上を通過させる。

キャビンの内部は古いが清潔。

ただし隣との壁はないと同じくらい音が筒抜け。


公園は自然のままにというのがテーマのよう。

1988年5月に山火事が起こり、自然地鎮火するまで6ヶ月燃え続け、公園の3分の1が燃えた。





燃えて枯れた木々がいまでも林立している。

公園の予想では20年後には倒れると考えられていたが22年経ったいまでも

ほとんどがそのまま立っている。


公園は自然の種々の景観、野生動物、間欠泉で世界に誇る自然保護地域。







野生のバファッローが道路脇で餌を食べたり、寝転んだり。至る所にいるから

気をつけて運転しないと行けない。 このバッファローはハンバーガーにはしていけない!!!

運がよければ


グリズリベアー(ブラウン ベアー)~なかなか会えない

ブラックベアー

エルク (大型の鹿)

ビッグホーン シープ

おしりの白い鹿(名前忘れ)

小動物。鳥類

それに狼も



狼の出そうなところをレンジャーに聞いて、狼を待つ娘。


狼は銀座のネオン街に行ってしまい、出てきたのは黒熊。








同じカテゴリー(グルメ)の記事画像
タコ タコの日
最近の苦労
2年ぶり 初物
2人のディナー
祝 誕生日
実証 20キロ減量
同じカテゴリー(グルメ)の記事
 タコ タコの日 (2012-04-20 13:14)
 最近の苦労 (2012-04-19 13:28)
 2年ぶり 初物 (2012-04-17 11:21)
 2人のディナー (2012-04-13 11:04)
 祝 誕生日 (2012-04-09 11:52)
 竜巻被害 (2012-04-05 12:59)

Posted by テキサスバーガー at 11:28│Comments(2)グルメ
この記事へのコメント
ボスに 日本では キャンプ場でさえ
隣のテントの明かりが みえるような
ネコの額で 疲れはてながら
アウト・ドアって 言ってるんだよ と教えてあげてください
Posted by 紗綾大将紗綾大将 at 2010年07月01日 11:19
閣下
ボスは現実を受け入れないのです
Posted by テキサスバーガーテキサスバーガー at 2010年07月01日 11:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。